かなり効果を実感できた!個人的にやってよかった英会話の勉強法5選

 

 

英語ブロガーのすぐる(@sugueigo_com)です。

2020年にはカナダ留学を控えている意識低め、脱力系英語常習者です。個人的にやってよかった英会話の勉強法を5つ紹介していきます。

 

 

個人的にやってよかった英会話の勉強法5選

  1. IELTSのスピーキングテストの勉強をした
  2. TED talksでシャドーイングの練習をした
  3. ネイティブキャンプで毎日オンライン英会話
  4. 英作文ライティングで語彙力と瞬発力を鍛えた
  5. ひとり言英会話&翻訳ゲームをしてた

 

ぼくはカナダの大学に留学するために、IELTSという英語のテストで6.5というスコアが必要でした。でもスピーキングが中々上がらなくて苦労していました。

そんな時に実践したのが上の5つの勉強法です。これら5つの勉強を繰り返したことでぐんぐんスコアが伸び、問題なく英会話ができるレベルになりました。

 

①:IELTSのスピーキングテストの勉強をした


引用:https://www.ielts-exam.net

IELTSのスピーキングテストでは、面接官に上のような質問をされます。

この質問に英語で答える練習をすることで、ぼくは英語で話す力をかなり鍛えられたと実感しています。

 

はじめはかなり苦労しましたが、徐々に楽に話せるようになりました。今では、どんな英語の質問がきても、自分の考えや意見をスラスラ言うことができます。

Can you describe your job to me?

A: I write , writing is exactly what I do for living. I write a lot of articles on several web medias like on my own blog, note, SNS and for some media owners. I’m really enjoying my jobs and l love it.

 

こんな感じで、即興で英語で意見を言えます。

IELTSのスピーキングテストの勉強はかなり効果的な勉強法ですよ。

 

もし英会話力がなかなか伸びないと悩んでいる人がいたら、IELTSスピーキングテストの勉強をしてみるのもいいですね。

別にIELTSのスピーキングテストの勉強をやらなくても、英語で答える練習を繰り返することで必ず英語で話せるようになります。

 

②:TED talksでシャドーイングの練習をした

英語学習者にとっては最強のアプリじゃないですか?

TED talksとは、ありとあらゆる分野の著名人が自分の経験や知識を英語でプレゼンするスピーチフォーラムです。その英語でのプレゼンが無料で聴けちゃうのがTED talksのアプリです。

 

控えめに言ってヤバすぎる英語学習アプリ兼、リスニング教材です。ぼくはこのアプリを活用してシャドーイングという勉強をやっていました。

シャドーイング(Shadowing)とは、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。

 

このシャドーイングを実践したことで、4つくらいの効果を実感できました。

  • リスニング力が爆上がりした
  • 英語で話すことに口が慣れた
  • 脳内での英語の処理速度が上がった(たぶん)
  • ネイティブのスピードに慣れた

 

結局、英会話は相手がいてこそ成り立つので、話す力と同時に聞く力も鍛えることが大切だと思います。とにかく、〉〉TED talksはダウンロード必須のアプリなのでぜひぜひどうぞ!無料ですよ。

 

③:ネイティブキャンプで毎日オンライン英会話

ネイティブキャンプとは、世界90カ国以上の講師と英語でレッスンができるサービスですね。月額6,480円で、無制限にレッスンをすることができますよ。

 

ネイティブキャンプには初心者用から上級者用まで60近く以上のコースがあり、自分の現在のレベルから目標のレベルまで目指せるようになっています。

講師はフィリピン人講師が多いですが、みんな優しくて一生懸命ですよ。月額6,480円でここまでボリューミーなサービスを提供しているのはネイティブキャンプだけです。ぜひ、〉〉7日間の無料体験レッスン をどうぞ!

 

で、ぼくがネイティブキャンプを利用した理由は以下ですね。

  • 英語で実際に話す機会が欲しかった
  • とにかくたくさんレッスンを受けたかった
  • でもあまりお金をかけられなかった
  • 仕事から帰ってきた24時間以降も受けられるサービスがよかった

 

もしぼくみたいに考えている人がいたら、ぜひネイティブキャンプを使ってみてください。英会話ってめちゃくちゃ楽しいので、きっとオンライン英会話はハマると思いますよ。

まずは〉〉7日間の無料体験レッスン を試してみて判断するのがいいと思います。

 

④:英作文ライティングで語彙力と瞬発力を鍛えた

「英語が書ける」=「英語が話せる」だと思うんですよね。

つまり、書けないことは話すこともできないし、英語を書くことに苦労していては英語を話すことはもっと大変だろうって理論です(自前の理論です笑)

 

でもほんとにこの通りだなあって思っていて、ぼく自身英作文を書く訓練をしたことで、英語がスラスラと口から出てくるようになったんですよね。

「あ、この単語はあのとき書いたやつだ」「あ、こういうときはこの文法を使えばいいんだよな」みたいな感じで、語彙力と瞬発力がかなり鍛えられました。

 

なので、話すことに苦労している人はまず書く練習から初めてみてもいいんじゃない?というのがぼくなりのアドバイスです。

 

ハイネイティブトレック

そのとき使っていた〉〉HiNative Trek というサービスがかなり優秀だったので紹介しておきます。

自分の英作文を音声付きでアメリカ人の講師に添削してもらえるサービスです。1日コーヒー1杯分の料金で使えて、スキマ時間を有効に活用したい人におすすめのアプリですよ。

 

詳しい口コミと使い方はこちらの記事にまとめているので、よかったら読んで見てください。

【口コミ・評判はどう?】英語学習アプリのHiNative Trekのメリットや利用の流れ!

 

⑤:ひとり言英会話&翻訳ゲームをしていた

質問リストを用意して、ひとりでその質問に答えていましたね。

やることはIELTSのスピーキングテストの勉強と同じですが、教材を限定しないところがこの勉強のいいところです。また、教材は別に日本語でもいいので、とにかく質問を用意してそれに英語で答えていましたね。

 

また、至るとことにある日本語を英語に翻訳していくというゲームもしていました。お店のメニューなんかを見て、「これは英語でどういうんだろう?」っていう風に考えていました。

英語を話す習慣がつくし、調べる習慣もつくのでかなり素晴らしい勉強法だったなあと自負しています。

ぜひ、お試しあれ!

 

以上がぼくが実践してた5つの勉強法です。実際にテストのスピーキングスコアも上がったので、効果はあったと思いますよ。

 

 

やっても意味がない英会話の勉強法3つ

  1. フレーズや文章の丸暗記をする
  2. シャドーイングをするだけ
  3. 多読をする&リスニングしまくる

 

英会話力を上げたいなら、これらの勉強法はやっても意味がありませんね。さっきぼくはシャドーイングをやっていたと話しましたが、それはあくまで聞き取る力を上げるためです。

直接的に英会話力を上げるなら、アウトプット中心の勉強をしないと効果がないんですよね。

 

シンプルに言うと「実際に話す」「自分の力で書いてみる」の2つのことを繰り返せば、誰でも英会話はできるようになります。知識が、使える知識に転換するからですね。

しかし、「たくさん聴く」「たくさん読んでみる」を繰り返しても英会話はできるようにはなりません。なぜなら、これらは知らないを知っているに転換してるだけだからです。

 

てことで!

たくさん話して、たくさん書く!が一番効果が高い英会話の勉強法ですね。

さっそく今日から実践、実践♪

 

 

まとめ

英会話ができるだけで、シンプルに人生が豊になるのでぜひ身につけてみてください。

「海外旅行が自由にできる」「ビジネスの場で活躍できる」「思いがけない出会いがある」「人として尊敬される」「海外ドラマ・映画が字幕なしで楽しめる」「英語で学べる」「海外ニュースが読める」「英語での情報量は日本語の1000万倍」などなど、上げたらキリがありませんね。

 

まずは、ネイティブキャンプで〉〉7日間の無料体験レッスン をしてみるところから始めてもいいし、〉〉HiNative Trek を活用してスキマ時間から勉強を始めるのもいいですね。

とにかく行動に移して継続することが大切なので、ぼくもこれから勉強をしてきます。それでは、また!