【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ③「Big」「Small」の言い換え表現

 

語彙力アップ講座の第3回目です。

 

今回は、「Big」と「Small」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

では、今回も頑張りましょう。

 

 

 

1.「Big」のアカデミックな言い方

 

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Big」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Big(large)の言い換え】

・sizable

・significant

・considerable

・major

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「sizable」の使い方!

 

「sizable」の元々の意味は、

「かなり大きい/相当に多い」です。

 

したがって、次のような文章では、

「big」の代わりに

「sizable」を使ってみてください。

 

【例】そのお寺の南門には大きな銅像がある。

【X】There is a big statue at the south gate of the Temple.

【◯】There is a sizable statue at the south gate of the Temple.

 

“大きな銅像”というのは、

言い換えれば、

“かなり大きい銅像”ということですよね。

 

 

(2) 「significant」の使い方!

 

「significant」の元々の意味は、

「重大な/大した」です。

 

したがって、次のような文章では、

「big」より「significant」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】両親の教育は、子供の将来に大きな影響がある。

【X】Parent’s education has a big impact on children’s future.

【◯】Parent’s education has a significant impact on children’s future.

 

“大きな影響”というのは、

言い換えれば、

“重大な影響”ということですよね。

 

 

(3) 「considerable」の使い方!

 

「considerable」の元々の意味は、

「かなりの/著しい」です。

 

したがって、次のような文脈では、

「big」より

「considerable」を使ってみてください。

 

【例】科学者の頑張りのおかげで、生命工学は大きく進歩した。

【X】Scientists have made big progress in the study of biotechnology.

【◯】Scientists have made considerable progress in the study of biotechnology.

 

“大きな進歩”というのは、

言い換えれば、

“著しい進歩”ということですよね。

 

 

(4) 「major」の使い方!

 

「major」の元々の意味は、

「大きいほうの/主要な/重要な」です。

 

「大きな物事」という意味の文脈では、

「big」の代わりに、

「major」を使うことができます。

 

【例】大きな挑戦をすることは、強い自信につながる。

【X】Overcoming a big challenge will give individuals confidence.

【◯】Overcoming a major challenge will give individuals confidence.

 

“大きな挑戦”というのは、

言い換えれば、

“重要な(大きいほうの)挑戦”ですよね。

 

 

 

 

2.「Small」のアカデミックな言い方

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Small」もなるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Small(little)の言い換え】

・insignificant

・negligible

・imperceptible

・minor

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「insignificant」の使い方!

 

「insignificant」の元々の意味は、

「取るに足らない/ごくわずかな」です。

 

したがって、次のような文章では、

「small」の代わりに

「insignificant」を使ってみてください。

 

【例】成功と失敗の間には、ごく小さな差しかない。

【X】There is only a small difference between success and failure.

【◯】There is only an insignificant difference between success and failure.

 

“小さな差”というのは、

言い換えれば、

“ごくわずかな差”ということですよね。

 

 

(2) 「negligible」の使い方!

 

「negligible」の元々の意味は、

「無視できる/わずかな」です。

 

したがって、次のような文章では、

「small」より「negligible」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】ファストフードには、ごく小さな量の栄養しか含まれていない。

【X】There is only a small amount of nutrients in fast food.

【◯】There is only a negligible amount of nutrients in fast food.

 

“小さな量”というのは、

言い換えれば、

“無視できるくらいの量”ですよね。

 

 

(3) 「imperceptible」の使い方!

 

「imperceptible」の元々の意味は、

「知覚できない/かすかな」です。

 

したがって、次のような文脈では、

「small」より

「imperceptible」を使ってみてください。

 

【例】人類の進歩はとても小さくゆっくりだが、確かである。

【X】Human progress is small and slow but steady.

【◯】Human progress is imperceptible and slow but steady.

 

“小さな進歩”というのは、

言い換えれば、

“知覚できない速さ”ということですよね。

 

 

(4) 「minor」の使い方!

 

「minor」の元々の意味は、

「少数の/マイナーな/取るに足らない」です。

 

「小さな問題」という意味の文脈では、

「small」の代わりに、

「minor」を使ってみてください。

 

【例】男女の賃金格差は、決して小さな問題ではない。

【X】The wage gap between men and women is not a small issue.

【◯】The wage gap between men and women is not a minor issue.

 

“小さな問題”というのは、

言い換えれば、

“マイナーな問題”ということですよね。

 

以上、「Big」「Small」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

3. ライティングに本気なあなたへ

 

 

これで、

アカデミックな言い換え表現は完璧ですね。

 

では肝心のライティングですが、

まず何から始めていいかわからない、、、

 

そんなあなたに朗報です!

 

IELTSライティングで出題されるすべての問題を、

ゼロから最短で攻略してみませんか?

独学でスコア7.0を突破した実践知識をまとめました。

 

それが、

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

オンライン動画コース 

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

★エッセイの書き方がゼロから詳しく分かる

★必須フレーズや重要英文法のすべてが身につく

動画コースなので、繰り返し復習できる!

です!

 

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

の魅力がつまった動画を見てみてくださいね。

 

以上、これにて語彙力アップ講座

第3回目は終了です。

 

おつかれさまでした!

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、今回はこの辺にて。