【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ⑤「Fast」「Slow」の言い換え表現

 

語彙力アップ講座の5回目です。

 

本日は「Fast」と「Slow」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

それでは、さっそくどうぞ。

 

 
 
 

1.「Fast」のアカデミックな言い方

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Fast」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Fastの言い換え】

・breakneck

・quick

・swift

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「breakneck」の使い方!

 

「breakneck」の元々の意味は、

「異常な速さの/首が折れるくらい」です。

 

したがって、次のような文章では、

「fast」の代わりに

「breakneck」を使ってみてください。

 

【例】テクノロジーはとても早いペースで進化している。

【X】Technology is evolving at a fast pace.

【◯】Technology is evolving at a breakneck pace.

 

“とても早いペース”というのは、

言い換えれば、

“異常なほど速いペース”ですよね。

 

 

(2) 「quick」の使い方!

 

「quick」の元々の意味は、

「素早い/機敏な」です。

 

したがって、次のような文章では、

「fast」より「quick」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】上司とメールをするときは、早いレスポンスが大切だ。

【X】A fast response is essential when exchanging emails with a boss.

【◯】A quick response is essential when exchanging emails with a boss.

 

“早いレスポンス”というのは、

言い換えれば、

“素早いレスポンス”ということですよね。

 

 

(3) 「swift」の使い方!

 

「swift」の元々の意味は、

「迅速な/すばやい」です。

 

「fast」が使われるほとんどの場面で、

「swift」に置き換えることができます。

 

【例】緊急事態では、問題に対処するための早い対応が必要だ。

【X】In an emergency, fast actions to deal with problems are needed.

【◯】In an emergency, swift actions to deal with problems are needed.

 

“早い対応”というのは、

言い換えれば、

“迅速な対応”ということですよね。

 

 

 

 

2.「Slow」のアカデミックな言い方

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Slow」もなるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Slowの言い換え】

・gradual

・moderate

・sluggish

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「gradual」の使い方!

 

「gradual」の元々の意味は、

「ゆるやかな/段階的な」です。

 

「slow」が使われるほとんどの場面で、

「gradual」に置き換えることができます。

 

【例】人類の進歩はゆっくりではあるが、着実です。

【X】Human progress is slow but steady.

【◯】Human progress is gradual but steady.

 

“ゆっくりとした進歩”というのは、

言い換えれば、

“ゆるやかな進歩”ということですよね。

 

 

(2) 「moderate」の使い方!

 

「moderate」の元々の意味は、

「適度な/控えめな」です。

 

したがって、次のような文章では、

「slow」の代わりに

「moderate」を使ってみてください。

 

【例】その国の経済は、ゆっくりと成長している。

【X】The economy in that country grew at a slow pace.

【◯】The economy in that country grew at a moderate pace.

 

“ゆっくりとした成長”というのは、

言い換えれば、

“適度な成長”ということですよね。

 

 

(3) 「sluggish」の使い方!

 

「sluggish」の元々の意味は、

「動きが遅い/停滞気味の」です。

 

したがって、次のような文章では、

「slow」より「sluggish」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】今の所その国の経済回復はゆっくりとしています。

【X】Economic recovery has so far been slow in that country.

【◯】Economic recovery has so far been sluggish in that country.

 

“ゆっくりとしています”というのは、

言い換えれば、

“停滞気味の”ということですよね。

 

以上、「Fast」「Slow」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

 

3.  本気でライティング力を上げたいあなたへ

 

これで「Good」の置き換え表現は、完璧ですね!

 

IELTSや英検の英作文において、

アカデミックな英語表現を用いることの大切さ

を学びましたね。

 

ではさっそく、

ライティングの練習にとりかかろう

と思ったものの何から始めれば良いのかわからない、、、

なんてことありませんか。

 

みなさんは、ライティングの学習において以下のお悩みを抱えていませんか?

 

①自分の解答が果たして、どのくらい合っているのかわからない。

②模範解答と自分の解答がかけ離れている。

③自分の意見を英語でまとめあげることが難しい。

④質問に対する、意見の筋の通し方が難しい。

 

 

一つでも当てはまったそこのあなた、

大丈夫です!

 

ぼく自身、同じ悩みに苦戦しながら英検・IELTSの英作文に挑戦していました。

外国人の友人や先生に相談しながら5年間努力した結果、

IELTSでOA7.0

を見事達成することができました。

 

そのノウハウを、

本気でライティング力を伸ばしたいあなたへ

惜しげなく伝えたい!

 

そんな思いで開講したのが、

スグエイゴ塾Online 〜英語ライティング力向上スクール〜です!

スグエイゴ塾Online_Adimg

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

オンラインレッスンなので、いつでもどこでも受講OK!

プライベートレッスンなので、質問し放題!

★安心の4回チケット制

 

です!

 

本気でライティングを伸ばしたい方は、

まずは 体験レッスン受講してみてくださいね。

 

 

以上、これにて第5回目は終了です。

今回もおつかれさまでした!