【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ⑥「Easy」「Hard」の言い換え表現

 

語彙力アップ講座、第6回目です。

 

ちょうど前半戦の最後ですね。

 

本日は「Easy」「Hard」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

それでは、さっそくどうぞ。

 

 

 

1.「Easy」のアカデミックな言い方

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Easy」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Easyの言い換え】

・unchallenging

・uncomplicated

・straightforward

・effortless

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「unchallenging」の使い方!

 

「unchallenging」の元々の意味は、

「挑戦的ではない/簡単な」です。

 

したがって、次のような文章では、

「easy」の代わりに

「unchallenging」を使ってみてください。

 

【例】貧困を無くすことは簡単な仕事ではない。

【X】Solving world poverty is not an easy task.

【◯】Solving world poverty is not an unchallenging task.

 

“簡単な仕事”というのは、

言い換えれば、

“挑戦的ではない仕事”ですよね。

 

 

(2) 「uncomplicated」の使い方!

 

 

「uncomplicated」の元々の意味は、

「複雑ではない/安易な」です。

 

したがって、次のような文章では、

「easy」より「uncomplicated」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】簡単な作業のみを求められる仕事は時給が低い。

【X】Jobs that involve only easy tasks are low-paying.

【◯】Jobs that involve only uncomplicated tasks are low-paying.

 

“簡単な作業”というのは、

言い換えれば、

“複雑ではない作業”ですよね。

 

 

(3) 「straightforward」の使い方!

 

 

「straightforward」の元々の意味は、

「シンプルな/率直な/分かりやすい」です。

 

「easy」が使われるほとんどの場面で、

「straightforward」が代わりに使えます。

 

【例】市内の犯罪率を減らすことは簡単な仕事ではない。

【X】Reducing the crime rate in a city is not an easy task.

【◯】Reducing the crime rate in a city is not a straightforward task.

 

“簡単なタスク”というのは、

言い換えれば、

“シンプルなタスク”ですよね。

 

 

(4) 「effortless」の使い方!

 

 

「effortless」の元々の意味は、

「努力を要しない/苦労しない」です。

 

したがって、次のような文章では、

「easy」の代わりに

「effortless」を使ってみてください。

 

【例】海辺の掃除は簡単そうに見えるが、実際は大変だ。

【X】Cleaning the shoreline looks easy, but it is actually laborious.

【◯】Cleaning the shoreline looks effortless, but it is actually laborious.

 

“簡単そうな作業”というのは、

言い換えれば、

“努力を要しない作業”ですよね。

 

 

 

2.「Hard」のアカデミックな言い方

 

 

アカデミックなエッセイでは、

「Hard」もなるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Hardの言い換え】

・challenging

・tricky

・complicated

・laborious

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「challenging」の使い方!

 

「challenging」の元々の意味は、

「努力を要する/困難な」です。

 

したがって、次のような文章では、

「hard」の代わりに

「challenging」を使ってみてください。

 

【例】子どもに教えることは大変だが、やりがいのある仕事だ。

【X】Teaching young children is a hard but rewarding job.

【◯】Teaching young children is a challenging but rewarding job.

 

“大変な仕事”というのは、

言い換えれば、

“努力を要する仕事”ですよね。

 

 

(2) 「tricky」の使い方!

 

 

「tricky」の元々の意味は、

「ややこしい/難しい」です。

 

したがって、次のような文章では、

「hard」より「tricky」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】移民トラブルは解決するのが大変な問題です。

【X】It is hard problem to solve the immigration issue.

【◯】It is tricky problem to solve the immigration issue.

 

“大変な問題”というのは、

言い換えれば、

“ややこしい問題”ですよね。

 

 

(3) 「complicated」の使い方!

 

 

「complicated」の元々の意味は、

「複雑な/込み入った」です。

 

「hard」が使われるほとんどの場面で、

「complicated」が代わりに使えます。

 

【例】その機械を直すには難しい作業を伴う。

【X】It takes some hard works to fix the machine.

【◯】It takes some complicated works to fix the machine.

 

“難しい作業”というのは、

言い換えれば、

“複雑な作業”ですよね。

 

(4) 「laborious」の使い方!

 

 

「laborious」の元々の意味は、

「骨の折れる/労力を要する」です。

 

したがって、次のような文章では、

「hard」の代わりに

「laborious」を使ってみてください。

 

【例】絶滅寸前の動物を保護することは難しい仕事だ。

【X】Protecting endangered animals involves hard tasks.

【◯】Protecting endangered animals involves laborious tasks.

 

“難しい仕事”というのは、

言い換えれば、

“骨の折れる仕事”ですよね。

 

以上、「Easy」「Hard」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

 

3. ライティングに本気なあなたへ

 

 

これで、

アカデミックな言い換え表現は完璧ですね。

 

では肝心のライティングですが、

まず何から始めていいかわからない、、、

 

そんなあなたに朗報です!

 

IELTSライティングで出題されるすべての問題を、

ゼロから最短で攻略してみませんか?

独学でスコア7.0を突破した実践知識をまとめました。

 

それが、

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

オンライン動画コース 

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

★エッセイの書き方がゼロから詳しく分かる

★必須フレーズや重要英文法のすべてが身につく

動画コースなので、繰り返し復習できる!

です!

 

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

の魅力がつまった動画を見てみてくださいね。

 

以上、これにて語彙力アップ講座

第6回目は終了です。

 

おつかれさまでした!

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

それでは、今回はこの辺にて。