【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ⑦「Job」「Company」の言い換え表現

 

 

語彙力パワーアップ講座の第7回目です。

 

ついに折り返し地点です。

 

本日は「Job」「Company」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

それでは、さっそくどうぞ。

 

 

 

 

1.「Job」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「Job」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Jobの言い換え】

・profession

・career

・occupation

・position

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「profession」の使い方!

 

「profession」の元々の意味は、

「職業/専門職」です。

 

したがって、次のような文章では、

「job」の代わりに

「profession」を使ってみてください。

 

【例】大学は給料の良い仕事を得るための訓練所ではない。

【X】University is not a training institution for getting a well-paid job.

【◯】University is not a training institution for getting a well-paid profession.

 

“給料の良い仕事”というのは、

言い換えれば、

“給料の良い職業”ですよね。

 

 

(2) 「career」の使い方!

 

「career」の元々の意味は、

「(職業)経歴/キャリア」です。

 

したがって、次のような文章では、

「job」より「career」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】怪我は彼のアスリートとしての仕事を奪う恐れがありました。

【X】Injury threatened to wreck his sporting job.

【◯】Injury threatened to wreck his sporting career.

 

“アスリートとしての仕事”というのは、

言い換えれば、

“アスリートとしてのキャリア”ですよね。

 

 

(3) 「occupation」の使い方!

 

「occupation」の元々の意味は、

「職業/定職」です。

 

「job」が使われるほとんどの場面で、

「occupation」が代わりに使えます。

 

【例】やりがいのある仕事は必ずしも幸福を約束してくれない。

【X】A rewarding  job does not always guarantee happiness.

【◯】A rewarding occupation does not always guarantee happiness.

 

“やりがいのある仕事”というのは、

言い換えれば、

“やりがいのある職業”ですよね。

 

 

(4) 「position」の使い方!

 

「position」の元々の意味は、

「位置/地位/役職」です。

 

したがって、次のような文章では、

「job」の代わりに

「position」を使ってみてください。

 

【例】高給取りの仕事はより多くの責任を伴う。

【X】Higher-paying jobs tend to have more responsibilities.

【◯】Higher-paying position tend to have more responsibilities.

 

“高給取りの仕事”というのは、

言い換えれば、

“高給取りの地位”ですよね。

 

 

 

2.「Comaapny」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「Company」も、

なるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Companyの言い換え】

・firm

・corporation

・enterprise

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「firm」の使い方!

「firm」の元々の意味は、

「手堅い/企業/商社」です。

 

したがって、次のような文章では、

「company」の代わりに

「firm」を使ってみてください。

 

【例】資本が豊富な会社は景気に左右されない。

【X】A well-capitalized company is not affected by the economy.

【◯】A well-capitalized firm is not affected by the economy.

 

“資本が豊富な会社”というのは、

言い換えれば、

“資本が豊富な企業”ですよね。

 

 

(2) 「corporation」の使い方!

 

「corporation」の元々の意味は、

「株式会社/法人」です。

 

「company」が使われるほとんどの場面で、

「corporation」が代わりに使えます。

 

【例】政府は不道徳な会社を厳しく監督するべきです。

【X】The government should have strict supervision on immoral companies.

【◯】The government should have strict supervision on immoral corporations.

 

“不道徳な会社”というのは、

言い換えれば、

“不道徳な法人”ですよね。

 

 

(3) 「enterprise」の使い方!

 

「enterprise」の元々の意味は、

「事業/企業」です。

 

したがって、次のような文章では、

「company」より「enterprise」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】新しく会社を起こすことは大変尊敬されることだ。

【X】Starting a new company is very respectable.

【◯】Starting a new enterprise is very respectable.

 

“会社を起こす”というのは、

言い換えれば、

“事業を起こす”ですよね。

 

以上、「Job」「Company」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

 

3.  本気でライティング力を上げたいあなたへ

 

これで「Job」「Company」の言い換え表現は、完璧ですね!

 

IELTSや英検の英作文において、

アカデミックな英語表現を用いることの大切さ

を学びましたね。

 

ではさっそく、

ライティングの練習にとりかかろう

と思ったものの何から始めれば良いのかわからない、、、

なんてことありませんか。

 

みなさんは、ライティングの学習において以下のお悩みを抱えていませんか?

 

①自分の解答が果たして、どのくらい合っているのかわからない。

②模範解答と自分の解答がかけ離れている。

③自分の意見を英語でまとめあげることが難しい。

④質問に対する、意見の筋の通し方が難しい。

 

 

一つでも当てはまったそこのあなた、

大丈夫です!

 

ぼく自身、同じ悩みに苦戦しながら英検・IELTSの英作文に挑戦していました。

外国人の友人や先生に相談しながら5年間努力した結果、

IELTSでOA7.0

を見事達成することができました。

 

そのノウハウを、

本気でライティング力を伸ばしたいあなたへ

惜しげなく伝えたい!

 

そんな思いで開講したのが、

スグエイゴ塾Online 〜英語ライティング力向上スクール〜です!

スグエイゴ塾Online_Adimg

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

オンラインレッスンなので、いつでもどこでも受講OK!

プライベートレッスンなので、質問し放題!

 

です!

 

本気でライティングを伸ばしたい方は、

まずは 無料体験レッスン受講してみてくださいね。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

それでは、次回の語彙力アップ講座でお会いしましょう。