【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ⑧「Way」「Money」の言い換え表現

 

語彙力パワーアップ講座、第8回目です。

 

本日は「Way」「Money」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

それでは、さっそくどうぞ。

 

 

 

1.「Way」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「Way」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Wayの言い換え】

・approach

・measure

・method

・course of action

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「approach」の使い方!

 

「approach」の元々の意味は、

「接近/近づくこと/アプローチ」です。

 

したがって、次のような文章では、

「way」の代わりに

「approach」を使ってみてください。

 

【例】政府はその問題に取り組むために独自の方法をとった。

【X】The government took a unique way to tackle the issue

【◯】The government took a unique approach to tackle the issue

 

“独自の方法”というのは、

言い換えれば、

“独自のアプローチ”ですよね。

 

 

(2) 「measure」の使い方!

 

「measure」の元々の意味は、

「計測/手段/施策」です。

 

したがって、次のような文章では、

「way」より「measure」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】その問題を解決するにはいくつかの方法が必要です。

【X】There must be several ways to solve the problem.

【◯】There must be several measures to solve the problem.

 

“いくつかの方法”というのは、

言い換えれば、

“いくつかの手段”ですよね。

 

 

(3) 「method」の使い方!

 

「method」の元々の意味は、

「方法/手法/方式」です。

 

「way」が使われるほとんどの場面で、

「method」に置き換えることができます。

 

【例】その男は思いがけない方法でその問題に対処した。

【X】The man dealt with the problem in extraordinary ways.

【◯】The man dealt with the problem in extraordinary methods.

 

“思いがけない方法”というのは、

言い換えれば、

“思いがけない手法“ですよね。

 

 

(4) 「course of action」の使い方!

 

「course of action」の意味は、

「行動指針/取るべき行動」です。

 

「way」の代わりに、

「course of action」を使うことができます。

 

【例】社会への信頼を回復する方法はいくつかあります。

【X】There are several ways to restore trust in a community.

【◯】There are several courses of action to restore trust in a community.

 

“信頼を回復する方法”というのは、

言い換えれば、

“信頼を回復するために取るべき行動”ですよね。

 

 

 

2.「Money」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「Money」もなるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Moneyの言い換え】

・income

・funds

・earnings

・fortune

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「income」の使い方!

 

「income」の元々の意味は、

「所得/収入」です。

 

したがって、次のような文章では、

「money」の代わりに

「income」を使ってみてください。

 

【例】働くことで得たお金はよく慎重に使われます。

【X】The money earned from working is usually used carefully.

【◯】The income earned from working is usually used carefully.

 

“働くことで得たお金”というのは、

言い換えれば、

“働くことで得た所得”ですよね。

 

 

(2) 「funds」の使い方!

 

「funds」の元々の意味は、

「資金/基金」です。

 

したがって、次のような文章では、

「money」より「funds」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】インターネットは十分なお金を集める強力なツールです。

【X】The Internet is a powerful tool for gathering much money.

【◯】The Internet is a powerful tool for gathering much funds.

 

“十分なお金”というのは、

言い換えれば、

“十分な資金”ということですよね。

 

 

(3) 「earnings」の使い方!

 

「earnings」の元々の意味は、

「収益/稼ぎ/売上」です。

 

したがって、次のような文章では、

「money」の代わりに

「earnings」を使ってみてください。

 

【例】事業を拡大するためには、お金を再投資することが大切です。

【X】To expand the business, the money should be reinvested.

【◯】To expand the business, the earnings should be reinvested.

 

“お金を再投資”というのは、

言い換えれば、

“収益を再投資”ということですよね。

 

 

(4) 「fortune」の使い方!

 

「fortune」の元々の意味は、

「財産/大金/幸運」です。

 

したがって、次のような文章では、

「money」の代わりに

「fortune」を使ってみてください。

 

【例】大学の授業料は多額のお金がかかります。

【X】Tuition fees for universities usually cost a lot of money.

【◯】Tuition fees for universities usually cost a lot of fortune.

 

“大きなお金がかかる”というのは、

言い換えれば、

“大金がかかる”ということですよね。

 

以上、「Way」「Money」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

3. ライティングに本気なあなたへ

 

 

これで、

アカデミックな言い換え表現は完璧ですね。

 

では肝心のライティングですが、

まず何から始めていいかわからない、、、

 

そんなあなたに朗報です!

 

IELTSライティングで出題されるすべての問題を、

ゼロから最短で攻略してみませんか?

独学でスコア7.0を突破した実践知識をまとめました。

 

それが、

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

オンライン動画コース 

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

★英作文の書き方がゼロから詳しく分かる

★必須フレーズや重要英文法のすべてが身につく

動画コースなので、繰り返し復習できる!

 

です!

 

まずは、

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

の魅力がつまった動画を見てみてください。

 

 

 

 

以上、これにて語彙力アップ講座

第8回目は終了です。

 

おつかれさまでした!

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

それでは、今回はこの辺にて。