【語彙力UP講座】ワンランク上の英作文へ⑨「Chance」「We」の言い換え表現

 

 

語彙力パワーアップ講座、第9回目です。

 

本日は「Chance」「We」について、

アカデミックな言い方を紹介していきます。

 

それでは、さっそくどうぞ。

 

 

 

1.「Chance」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「Chance」を使うことは避けましょう。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Chanceの言い換え】

・opportunity

・possibility

・likelihood

・feasibility

 

それぞれの使い方について、

例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「opportunity」の使い方!

 

「opportunity」の元々の意味は、

「好機/機会/チャンス」です。

 

「chance」が使われるほとんどの場面で、

「opportunity」を代わりに使えます。

 

【例】先進国では、すべての人に平等な教育のチャンスがあります。

【X】In developed countries, there are equal educational chances for all.

【◯】In developed countries, there are equal educational opportunities for all.

 

“平等な教育のチャンス”というのは、

言い換えれば、

“平等な教育の機会”ということですよね。

 

 

(2) 「possibility」の使い方!

 

「possibility」の元々の意味は、

「可能性/見込み/蓋然性」です。

 

したがって、次のような文章では、

「chance」より「possibility」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】その大統領が再び当選する可能性はない

【X】There is no chance that the president will be re-elected.

【◯】There is no possibility that the president will be re-elected.

 

“当選する可能性”というのは、

言い換えれば、

“当選する見込み”ですよね。

 

 

(3) 「likelihood」の使い方!

 

「likelihood」の元々の意味は、

「公算/可能性/見込み」です。

 

したがって、次のような文章では、

「chance」の代わりに、

「likelihood」を使うことができます。

 

【例】マスクはウイルスに感染する可能性を減らしてくれます。

【X】Masks reduce the chance of infecting a virus.

【◯】Masks reduce the likelihood of infecting a virus.

 

“感染する可能性”というのは、

言い換えれば、

“感染する公算”ということですよね。

 

 

(4) 「feasibility」の使い方!

 

「feasibility」の元々の意味は、

「蓋然性/実現可能性」です。

 

したがって、次のような文章では、

「chance」より「feasibility」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】それらの国々が貧困から抜け出す可能性は低いです。

【X】The chance of getting out of poverty in those countries is low.

【◯】The feasibility of getting out of poverty in those countries is low.

 

“抜け出す可能性”というのは、

言い換えれば、

“抜け出す実現可能性”ということですよね。

 

 

 

2.「We」のアカデミックな言い方

 

アカデミックなエッセイでは、

「We」もなるべく使わない方が良いです。

 

その代わりに、

以下の語彙を使ってみてください。

 

【Weの言い換え】

・people

・public

・citizen

・individuals

 

一つ一つ、例文を紹介していきますね。

 

 

(1) 「people」の使い方!

 

「people」の元々の意味は、

「人々/国民/人民」です。

 

したがって、次のような文章では、

「we」の代わりに

「people」を使ってみてください。

 

【例】私たちは問題をより良い解説作を考える必要があります。

【X】We need to think of a better way to solve the problem.

【◯】People need to think of a better way to solve the problem.

 

“私たちは”というのは、

言い換えれば、

“人々は”ということですよね。

 

 

(2) 「public」の使い方!

 

「public」の元々の意味は、

「公衆/社会/一般大衆」です。

 

したがって、次のような文章では、

「we」より「public」の方が、

スマートに聞こえます。

 

【例】政治家が何をしようと、私たちは抵抗運動を止めるべきではない。

【X】Whatever the politician says, we should not stop the resistant movement.

【◯】Whatever the politician says, the public should not stop the resistant movement.

 

“私たちは抵抗運動を”というのは、

言い換えれば、

“一般大衆は抵抗運動を”ですよね。

 

 

(3) 「citizen」の使い方!

 

「citizen」の元々の意味は、

「市民/国民/公民」です。

 

したがって、次のような文章では、

「we」の代わりに

「citizen」を使ってみてください。

 

【例】私たちの声は政治に反映されるべきです。

【X】Our voices should be reflected in politics.

【◯】Citizen’s voices should be reflected in politics.

 

“私たちの声”というのは、

言い換えれば、

“市民の声”ということですよね。

 

 

(4) 「individuals」の使い方!

 

「individuals」の元々の意味は、

「個人/各自/各々」です。

 

したがって、次のような文章では、

「we」の代わりに

「individuals」を使ってみてください。

 

【例】私たちはみんな発言する権利がある。

【X】We have the freedom to speak.

【◯】Individuals have the freedom to speak.

 

“私たちはみんな”というのは、

言い換えれば、

“個人はみんな”ということですよね。

 

以上、「Chance」「We」の

アカデミックな言い方でした。

 

 

 

3. ライティングに本気なあなたへ

 

 

英作文における、

アカデミックな言い換え表現は完璧ですね。

 

では肝心のライティングですが、

まず何から始めていいかわからない、、、

 

そんなあなたに朗報です!

 

IELTSライティングで出題されるすべての問題を、

ゼロから最短で攻略してみませんか?

 

独学でスコア7.0を突破した実践知識をまとめました。

 

それが、

 

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

オンライン動画コース 

 

自信をもっておすすめするポイントは、

 

★日本人教師が、日本語でライティングのコツをじっくり解説

★英作文の書き方がゼロから詳しく分かる

★必須フレーズや重要英文法のすべてが身につく

動画コースなので、繰り返し復習できる!

 

です!

 

まずは、

>>オンライン動画コース IELTSエッセイ攻略+

の魅力がつまった動画を見てみてください。

 

 

 

 

以上、これにて語彙力アップ講座

第9回目は終了です。

 

おつかれさまでした!

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

では、次回の語彙力アップ講座でお会いしましょう。