接続詞「as」5つの使い方を解説!【第1回】

 

 

みなさん、こんにちは。

すぐるです。

さっそく、「英文法総復習」第1回目の目次です。

今日は「as」を復習していきます。

 

 

1.接続詞としての「as」5つの用法

 

接続詞としての「as」には、5つの用法があります。

・時を表す as /~するとき

・原因を表す as /~するので

・様態を表す as /~するように

・比例を表す as /~するにつれて

・比較を表す as /~と比べて

これらの5つの意味を覚えてるだけで、

多彩な文章が書けるようになるはずです。

そして、接続詞の「as」を使うときは、

以下の公式に当てはめて使ってみてください。

・「as S1+V1, S+V 」

もしくは、

・「S+V as S1+V1」

これすごく大切なことですが、

as節が先頭に来る場合は、

二つの節をカンマでつなぎますが、

as節が後ろに来る場合は、

二つの節の間をカンマでつなぐ必要はありません。

では、具体例をみながら、

理解を深めていきましょう。

 

 

2.5つの用法を詳しく解説!

 

5つの用法、一つ一つ解説していきます。

 

1.時を表す as / ~するとき

「as」は「when」と同じように、

「~するとき」という時を表す用法があります。

ただ注意してほしいことは、

「as」を使うときは、

文章内の2つの動作が”ほとんど同時に起こっている”というニュアンスが強くなります。

例文を見ていきましょう。

・As he scored the goal, I jumped for joy.

「彼がゴールを決めたとき、私は飛んで喜んだ。」

この文章では、彼がゴールを決めたことと、

私が飛んで喜んだことは、

ほとんど同時に起こっていますよね。

 

2.原因を表す as / ~するので

「as」には「because」と同じように、

「~するので」という原因を表す用法があります。

ただ「because」と違って、

文章中のどこにでも置けるわけではなく、

原因の「as」を使うときは、必ずas節が文頭に来ます。

例文を見ていきましょう。

・As I was not feeling well, I took a day off from work.

「体調が悪かったので、私は会社を休んだ。」

このように、

As S1+V1, S+Vの順序に

なっていることが分かります。

カンマが間にある所も、要チェックです。

 

3.様態を表す as / ~するように

「as」には「like」と同じように、

「~するように」という

様態を表す用法があります。

ただし、likeの場合は接続詞ではなく

前置詞なので注意してください。

例文を見ていきましょう。

・The monkey opened its mouth and laughed as a human would laugh.

「その猿はまるで人間が笑うように、口を開けて笑った。」

人間が笑うよに~、

という様態を表していますね。

また、as節が後ろに来ていますので、

カンマが必要ない所も

再度チェックしてみてください。

 

4.比例を表す as / ~するにつれて

比例を表す用法は「as」特有です。

「As S1+V1, S+V」で、

「S1がV1していくにつれて、SがVしていく」

という意味になります。

具体例で見ていきましょう。

・As interest rates rise, so do the repayment amounts.

「金利が上がるにつれて、返済額も膨らんでいく。」

 

もちろん、比例を表す用法の場合は、

as節を後ろにおいてもOKです。

・We will rely more on those technologies as the speed of development escalates.

「技術の発展が加速するにつれて、私たちはますますそれらに依存していく。」

 

5.比較を表す as / ~と比べて

最後は、「as」の代表的な用法です。

as tall as のこの二つ目の「as」ですね。

(一つ目のasについてはあす説明します)

比較級でよく使われます。

・He is as smart as you are.

「彼はあなたと比べて、同じくらい頭がいい。」

この比較を表す「as」の場合だけ、

as節の動詞が省略されることが多いです。

・He is as smart as you [are].

・I am as tall as my father [is].

・You are as beautiful as Moon [is].

このような感じですね。 [ ]の中は、省略可能。

以上、接続詞「as」の5つの用法でした!

ぜひ使いこなしてみてください。

エッセイのクオリティが爆上がりするはずです。

 

 

 

 

3.今日の【練習問題】と【ワンフレーズ】

 

【練習問題1】

原因を表す「as」を使って、英文を一つ作ってみてください。

 

【練習問題2】

比例を表す「as」を使って、英文を一つ作ってみてください。

 

考えて提出してくださった方は、

ぼくが添削してお返事いたします。

 

【ワンフレーズ】

・Custom makes all things easy.

・意味:「習うより慣れろ」

IELTSスピーキングで、

たしか、スポーツの話題だったとき、

ぼくが使ったフレーズです。

スポーツと教育の関係について尋ねられたとき、

長々としゃべりながら、

「It is often said that custom makes all things easy, right?」

てな感じで言ったと思います。(適当)

ぜひ使ってみてくださいな。

 

 

 

4.  一晩で英文法のマスターになろう!

 

ノーミスでエッセイを書くための、文法事項全てを一冊にまとめました。

<<ノーミスでエッセイを書くための英文法マスターeBOOK

 

本eBOOKは、

①ノーミスで

②レベルの高い

③難しい文法構造の

④正しい英文を

書くためのPDF版電子書籍です。

 

エッセイをライティングをする上で、文法の整理は必要不可欠です。

 

レベルの高い英文を書く上で、必ず知っておきたい知識を網羅的にまとめています。

 

本書一冊さえあれば、レベルの高い英文が書ける様になります。

 

ぜひ詳しい内容は、<<こちらのリンク から確認してみてくださいね。

 

以上、本日はこの辺で。

それではまた!