【全てを語る】クイーンズランド大学のファウンデーションコースIESでの生活はどんな感じ?【経験談】

 

 

こんにちは、英語を勉強してるだけのささきすぐる(@sugueigo_com)です。

 

 

ぼくはファウンデーションコースに半年間ほど留学していた時期があります。

オーストラリアにあるクイーンズランド大学のファウンデーションコースです。別名IESカレッジとも呼ばれていますね。

 

ファウンデーションコースは、大学進学準備コースとも言います

 

ぶっちゃけると、ファウンデーションコース留学は、あまりいい思い出がありませんでした。☺️笑

てことでこの記事では、ぼくがクイーンズランド大学のファウンデーションコース体験したことの全てと、入学条件とか学費とか生活とかについて話していきます。

 

 

ファウンデーションコースについて

ここでは、ファウンデーションコースについて詳しく話しますね。

 

ファウンデーションコースとは

オーストラリアの名門大学に進学するには、ファウンデーションコースにいくことが必須になっています。なぜなら、オーストラリアと日本では教育制度が違うからですね。

オーストラリアの大学は3年間と世界の大学より1年間短いんです。つまり、大学1年次で習う教養過程がなく、1年次から専門科目の勉強をするんですよね。

だからその1年間の差を埋めるために、外国人の留学生はファウンデーションコースにいくことが必須になっています。と言っても名門大学にいく場合だけですけどね。

 

紅葉に写るクールな女性

ふつうの中堅大学にいく場合は、ファウンデーションコースは行かなくてもいいです。英語の基準が達していれば、直接入学することができますからね。ただしIELTS6.5と中々高い基準です。

ぼくの場合は、オーストラリアのビッグ8と呼ばれる名門大学の一つ、クイーンズランド大学にいきたくてファウンデーションコースにいきました。

まあ、結局半年で辞めてしまったんですけどね笑

ファウンデーションコースが思った以上に楽しくなかったからです。つまり留学失敗ですね笑

 

正直、IESカレッジには行かなきゃよかったな。って後悔しています笑

併せて読みたい 〉〉

【かなり後悔】自分の留学先についてもっと慎重に考えるべきだった話【おすすめの留学先も紹介】

 

ファウンデーションコースの入学条件

はじめての留学ならTAFE&専門学校がおすすめ

ファウンデーションコースには3つのコースがあります。

  • Extended course
  • Standard course
  • Express course

そして、この3つのコースに応じて入学条件が異なります。つまり、コース期間が長いほど入学条件が低く、コース期間が短いほど入学条件は高くなります。

英語のレベルの応じてコースの長さが決まると言うことですね。

 

コース名 コースの長さ 入学条件
Extended course 10ヶ月 IELTS 5.0
Standard course 8ヶ月 IELTS 5.5
Express course 6ヶ月 IELTS 6.0

IELTSとは英語の試験のことです。詳しくは、≫≫こちらの記事を参考にしてみてください。

 

Extended courseでは、IELTS 5.0が入学条件です。あまり難しい基準ではないですね。英語ができる人であれば、すぐに取ることができます。コースの長さは約10ヶ月ですね。

Standard courseに入学するには、IELTS 5.5が必要です。これも難しくはないでしょう。ちなみに、ぼくもこのスタンダードコースでした。一番人数が多いです。

Express courseは、IELTS 6.0が求められます。ここから少し厳しくなりますね。IELTS初心者が6.0を一発で取ることはなかなか難しいですね。コースは6ヶ月です。

 

また、ファウンデーションコースの入学日は3つのコースそれぞれ違います。一方で、卒業する時期は一緒ですね。

つまり、Extended courseから先に入学して、その次にStandard courseの入学があり、最後にExpress courseの入学ということですね。ちなみに、入学時期は1年に2回あります。

 

ぼくの場合は2月入学の11月卒業でしたね。他には、9月入学の6月卒業があります

 

ファウンデーションコースの学費

学費はかなり高いですね。

ファウンデーションコースの学費はかなり高いことだけは間違いないです。ぼくの場合、前期だけで110万円はかかりました。スタンダードコースでこんなに高いんです。

学費に関しては、毎年変動するので確かなことは言えませんが、単純計算で以下のような感じでしょう。ちなみに、学費には教材費から施設費など全て含まれています。

 

コース名 学費の総額 学期数
Extended course 275万円 2ターム(計10ヶ月)
Standard course 220万円 2ターム(計8ヶ月)
Express course 165万円 2ターム(計6ヶ月)

 

合っているかは分かりませんが、ぼくが入学した2018年当時の学費はこんな感じだったと思います。高いですよね笑。いや、マジで笑えません☺️☺️☺️☺️クッソ高いです。

ちなみにファウンデーションコースは前期と後期があります。そして、学費は前期と後期に分けて払うので、1回で支払う額は上の半分です。

まあ、バカ高いことだけは間違いないですね☺️

 

マジで闇ですよ。これは笑笑笑笑

 

ファウンデーションコースの仕組み

次に、ファウンデーションコースからどうやってオーストラリアの大学にいくのか?について詳しく話していきます。

要はこうです。

 

どんな留学生活を送りたいか?考える

ふつう、オーストラリアに限らず海外の大学に進学するには、IELTSという英語のテストで6.5以上取る必要がありますしかし、ファウンデーションコース経由で大学にいく場合、その試験がいらないんですよね。

つまり、ファウンデーションコースを一定のGPAで卒業することができたなら、クイーンズランド大学他オーストラリアの大学へ入学が認められるということです。

ちなみにどのくらいのGPAを取るべきかは、ファウンデーションコースのガイダンスのときにもらえる手紙の中に書いてあります。

その手紙には、クイーンズランド大学の各学部ごとの異なるGPA基準が載っていますね。例えば、医学部なら4.5以上。教育学部なら4.0以上。人文学部だったら3.5以上的な感じです。

そして、そのGPAをファウンデーションコースで取ることができたなら、晴れて希望する学部に入学できるということですね。ちなみに、クイーンズランド大学に限らず、オーストラリア内の好きな大学の好きな学部にいくことができます。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースのキャンパス内

なので、IELTSテストで6.5などを取れない人は、ファウンデーションコースを卒業さえすれば、オーストラリアの大学に行けるということですね。

てか、そんな感じの人ばかりな気がします笑笑。特に、お金はあるけど英語ができない中国人のお金持ち留学生はファウンデーションコースが大好きですね。

なぜなら、英語があまりできなくても、ファウンデーションコースを卒業すること自体は難しくないからです。まじめに課題をやっていなかった当時のぼくでさえ、前期のGPAは4.0でしたからね。甘甘です。

つまり、「ファウンデーションコースを卒業するだけの高額な学費を払えさえすれば、大学に入れてやるよ」というのが暗黙の了解ですね笑

完全にファウンデーションコースの闇です。「お金さえ出せば、大学に入れてやるよ」そう謳っている学校だとぼくは認識しています☺️決して悪口ではありません。実際に感じたことですね☺️

もちろん、中にはオーストラリアの名門大学に行くために、まじめにファウンデーションコースで勉強してる学生もいます。でもそんなエリートはほんの一部でしたね。

ほとんどは、お金持ちのおふざけ中国人留学生ばかりです。決して、見てて気持ち良いものではありませんね。

 

で余談になるんだけど、ぼくはそれが嫌で嫌でファウンデーションコースを中退したんですよね。自力でIELTS6.5を取得して、そして大学にいくべきだ!と考えさせられたんです。

おかげで、ぼくはそれまで以上に英語の勉強を頑張り、見事にIELTSで6.5を取得してカナダの短期大学に留学することになりました。嬉しかったですね。

カナダには2020年から留学する予定でいます。

 

今度はまじめに勉強して、ちゃんと卒業してきます笑

併せて読みたい 〉〉

https://sugueigo.com/my-way-to-ielts/

 

ファウンデーションコースの留学生

オンライン英会話

ぶっちゃけると、ファウンデーションコースは9割以上が中国人です。

面白いですよね笑。ぼくはオーストラリアに留学に来たはずなのに、まるで中国に留学している気分でした。マジで中国人が多いです笑

ほとんど中国人。ぼくが受けてた英語のクラスなんて、ぼく以外みんな中国人でしたからね笑

国籍比率は下のような感じになります。

 

留学生の国籍 国籍別の比率
中国 94%
韓国 2.0%
日本 0.4%
その他(ブラジル、アラブ首長国連邦、南アフリカ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、モンゴル、イラン、イギリス、ロシア、ナイジェリア、カザフスタンなどなど) 3.6%

※比率は正確な数字ではありません。ぼくが留学してたときの感じで、分かりやすく数字にしたものです。

 

確かに色んな国からの留学生がいることは間違いないです。しかし、それは各国から1人くらいのもので、それ以外はみんな中国人です。

だからクラスは中国人で溢れかえっていますね。金持ちの中国人ばかりです笑

オーストラリアに留学してるとは思はない方がいいでしょうね。むしろ、おれは中国に留学してるんだ!っ思った方が楽しく過ごせるかもですね笑笑笑☺️☺️

 

これもファウンデーションコースの闇のひとつですね笑

 

ファウンデーションコースのキャンパス紹介

では最後に、クーインズランド大学のファウンデーションコース、IESカレッジのキャンパス内を紹介していきます。

キャンパスは全部で3つありますね。

  • メインキャンパス
  • サブキャンパス
  • サブキャンパス2

元々キャンパスは1つだったらしいのですが、留学生が増え、学校が拡大したみたいですね。それぞれのキャンパスは200mくらい離れています。

 

❶ メインキャパス

クイーンズランド大学ファウンデーションコースのメインキャンパスの画像

これがメインキャンパスですね。実際は新しくできた方のキャンパスなんだけど、当時はメインキャンパスとして機能していました笑

なかなか綺麗なキャンパスでした。2階建です。

 

では、中に入ってみましょう〜

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースのキャンパス内

中に入ると、このようなワーキングスペースがすぐに見えます。学生たちはここで勉強をしたり、課題をやったり、おしゃべりをして過ごしていますね。

ぼくもここで色々な人と友だちになりました。そこに関しては、まあまあ楽しかったですね☺️☺️☺️

 

では、奥に進んでみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内のカフェテリア

奥に進むと、こんな感じのカフェテリアがありますね。

基本無料でコーヒーとかお茶を飲むことができます。たまにスナック菓子や果物も無料で提供していますね。食事はでないです。

あと、最初にコーヒーのチケットが10枚ほど無料でもらえます。これを使えば、スタバのフラペチーノ的な美味しい物が飲めますね。そのチケットを新しくもらうには買うしかないです。今はどうなったのか知らないけど。

 

一階に関してはこんな感じですね。あとは全て教室です。20人くらいの教室が18コくらいあります。

 

では、2階に上がってみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内の風景

2階に上がると、こんな感じのワーキングスペースがすぐ目に入ります。ここはIESのキャンパス内でも、ぼくのお気に入りの場所の一つでしたね。広いし、綺麗だし、静かだし。

ここは中々いい場所だと思うのに、なぜか人が少ない印象でした。なんでですかね?笑

ぼくは基本的に、課題はここでやっていました。集中できたからです。

 

では、パソコン室を見てみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内パソコン室

2階にはこのようなパソコン室もありますね。中々いい感じのパソコンで、ネットも見れるし、WordとかExelとかも使えました。

自分のパソコンを持っていない人は、ここで課題をやってたりしますね。まあ、パソコンを持ってない留学生なんていないんですけど笑笑

あと、この部屋ではプリンターが使えるので、みんなここで課題をプリントアウトして提出していましたね。

以上がメインキャンパス内です。

 

では次にサブキャンパス内を見ていきましょう〜

 

❷ サブキャンパス

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス外観

これがサブキャンパスですね。メインキャンパスから200mくらい離れています。ぼくが一番好きなキャンパスでもありました。

これぞ大学じゃん!って感じがして良かったですね。

外観も素敵ですよね。ちなみに一番新しくできたキャンパスらしいです。

 

では、キャンパスの中を覗いてみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内の風景

ドアを抜けると、このようなワーキングスペースが広がっています。奥にはカフェテリアも見えますね。

もう少し先へ進んでみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内カフェテリア付近風景

こんな感じ、おしゃれなカフェエリアがあります。

学生はみんなここで昼ごはんを食べていることが多いですね。もちろん、カフェではフリーのコーヒーと紅茶がもらえます。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースキャンパス内風景冷蔵庫付近

あとこんな感じで、カフェテリアの近くには電子レンジと冷蔵庫があります。なので、自分の弁当をしまって置いて、後から温めて食べることもできますね。

まあ、冷蔵庫を使っている学生はいませんでしたけどね笑笑

1階はこんな感じですかね。一応、他にも小さめのワーキングスペースがいくつかありますが、あとは基本的に教室だけです。

 

では2階に上がってみましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESカレッジキャンパス2階風景

2階も大きな違いはありません。基本的にはワーキングスペースと教室だけです。

こんな感じで生徒はくつろいだり、勉強をしたりしてしますね。ちなみにここのキャンパスの2階には人がマジでいないです笑

なんでか分からないけど、みんな使わないみたいですね。

 

以上が、サブキャンパス内の風景です。では最後に、サブキャンパス2の中をのぞいていきましょう。

 

❸ サブキャンパス2

クイーンズランド大学ファウンデーションコースサブキャンパス2外観

大きいですね笑

これが3つ目のキャンパスの外観です。今となってはサブのサブキャンパス扱いですが、元々はこれが本家のメインキャンパスでした。

最初はこの建物しかなかったみたいですね。サブキャンパスからは200mくらい、メインキャンパスからは400mくらい離れています。

 

では、中をのぞいていきましょう。

 

クイーンズランド大学ファウンデーションコースサブキャンパス2内の風景

入ってすぐにこんな感じのワーキングスペースが見えます。

てか、サブキャンパス2内にはここしかワーキングスペースがないですね。意外に多くの生徒が利用していました。

でもぼくはこのキャンパスを利用したことはありません。

なんか匂うので、むしろ嫌いでした笑

 

一応8階建?くらいなんですけど、あとは全て教室です。

 

以上、クイーンズランド大学ファウンデーションコース内の紹介でした。

 

中々のもんですよね!結構広いんじゃないかなって思います

 

 

ファウンデーションコースでの生活

クイーンズランド大学ファウンデーションコースIESキャンパス内の風景

 

実際どうだったんだ?

てことなので、実際の生活を詳しく紹介していくよ

 

ファウンデーションコースの授業

全部で5科目を勉強します。

英語と数学が必須科目で、あとの3つは自分の好きな科目を選ぶことができますね。

必須科目 選択科目
英語、数学 物理、生物、化学、IT、心理学、コミュニケーション、経済学、ビジネスマネジメント、リサーチ、建設学

選択科目は11科目の中から3科目を選ぶことができす。こんな感じで5科目を勉強しますね。

ちなみにぼくは、心理学と経済学とビジネスマネジメントを選択しました。

基礎から応用的なところまで学べたので、まあまあしっかりしてるんだなって印象がありましたね。あと、リサーチってあるんですけど、これは情報を探して編集するスキルをつける学問らしいですね。

 

授業の時間数

1週間の授業数は全部で19コマです。英語と数学は週5コマずつで、その他の選択科目は週3コマずつですね。1コマは50分です。

なので、1日で換算すると平均4〜5コマくらいですね。スケジュールはみんなバラバラなので、午前中で全コマ終わる人もいれば、1日1コマしかない人もいます。

中には、1日7コマある人もいましたね。でもその代わり、他の曜日のコマ数が2コとかです。ぼくの場合は、バランスよく毎日4コマずつでしたね。

比較的空きコマが多くなるので、課題をやったり、自分の勉強ができますね。

 

授業の内容

まず英語の授業の内容について話すと、基本的には大学で必要になる論文の書き方やエッセイの書き方を学びますね。

あと、引用の仕方とかそうゆうことも勉強します。英語の授業だからといって、英語を勉強するわけではありませんので、そこは注意したいですね。中々レベルは高いです。

数学の授業では、主に高校数学の復習をします。なぜかというと、ファウンデーションコースには、高校に行かなかった子もいるからです。ぼくのときは、最年少で16歳の女子がいました。

なので、大学にいくたいめの基礎教養として数学は必須になっていますね。ぶっちゃけ高校数学を終えたぼくら日本人にとっては楽勝ですね。英語が分からないと言う部分はあるけど、数学が分からないと言うことはありませんでした。あ、でも、数Ⅲの内容も少し出てきてたので、高校のとき文系志望だった人は少し注意する必要があるかもしれませんね。

他の選択科目の授業の内容に関しては、詳しいことは分かりませんが、少なくともぼくが専攻していた経済学、心理学、ビジネスマネジメントは簡単でした笑笑

しっかりと授業を受けて、まじめに勉強をして、課題もちゃんと提出していれば余裕でGPA4.0以上は取れますね。GPA4.0だと、クイーンズランド大学にはふつうに合格できるレベルです。

あと裏情報なのですが、リサーチは選択しない方がいいらしいです。なぜかと言うとGPA3.0すら取るのが難しいらしいので。当時、リサーチを選択していた日本人の友だちが嘆いていました。学校の優等生ですら、リサーチは3.5いくのがやっとだったくらいです。そして、平均GPAはなんと2.9以下だったとか…まあ、裏情報なので。あくまで参考程度に。

 

英語がある程度できないと、結構きついな〜って感じはしましたね

 

ファウンデーションコースのイベント

セブ島留学

いくつかイベントがあったみたいですが、ぼくはどれにも参加しませんでしたね笑

ファウンデーションコースには、クラブ活動や委員会活動はありません。その代わり、月に1回くらい様々なイベントが開催されるんですよね。

たとえば、バーベキューパーティーや船上パーティー、ビーチパーティーなどです。実際にあったかは知らないけど、そんな感じのパーティーがありますね。

 

ファンデーションコースIESカレッジ

他にも、世界の文化美術展や伝統芸能の紹介、大学説明会などのようなイベントも定期的に開催されていました。ファウンデーションコースもなかなか頑張ってるなあって印象でしたね笑

あと、一回だけフリスビー大会みたいのが開催されていました。バーベキューをしながら、フリスビーで遊ぶみたいなのです。これには参加した記憶があります。まあまあ楽しかったですね☺️☺️☺️

あ、ビザパーティーみたいなのもありましたね。ピザが200枚くらいずらーっと並べられていました笑

もっとファウンデーションコースの様子について知りたい人は、IESカレッジのインスタグラム をのぞいてみてください。たくさん写真が載っていますよ。

その中の1枚にぼくも載っているので、探してみてくださいね笑笑

 

まあ、純粋に楽しめば良かったのかもね笑

 

ファウンデーションコースの生活

クイーンズランド大学ファウンデーションコースで過ごした体験談

実際どうなんでしょうね?

ファウンデーションコースの生活は楽しかった?って聞かれると、正直微妙です笑

これはたぶん、想像以上に中国人が多かったからだと思いますね。ぼくはオーストラリアに留学しに来たはずなのに、周りには中国人ばかりだったからです。

別に中国人が嫌いという訳ではありません。ただ、想像と違ってたってだけですぼくはもっとこう、色々な国籍の生徒がたくさんいるんだろうな〜って思っていたんです。でも違ったんですよね笑

実際には、9割以上が中国人でした。まあ、たとえそうだとしても、みんなやる気があって意識が高い人たちばかりだったらいいのですが、ほとんどが適当に過ごしてる子たちばかりなんですよね。

授業には行かず、中国語で話してばかりで、タバコを吸って遊んでいる人が目立つ印象でした。そこを除けば、楽しいのかもしれませんね。

 

 クイーンズランド大学ファウンデーションコースIES友だちと写ってる写真

まあでも、総じて楽しかったですね。実際、気の合う友だちもできて、いろいろな国の子と友だちになることができましたから。中国人の美人な彼女もできましたからね。

先生たちも優しい人たちばかりで、ほんとによく勉強を教えてくれてました。モチベーター的な先生もいて、寂しそうにしている生徒には話しかけて、励ましたりしていましたからね。

他にもカフェテリアのコーヒーは美味しいし、可愛い中国人の子も結構いますからね笑

お金に余裕があるなら、ファウンデーションコースに行ってみるのもありかもですね。実際、直で大学に行くよ、りファウンデーションコース経由で行った方が卒業率は高いらしいですからね。

まあ、ぼくがもう一度いくか?って聞かれたら確実に行かないですけどね笑

でも、もっと全力でファウンデーションコースを楽しめば良かったなって後悔はあります。自分次第で、かなり楽しく過ごすことができる学校であることは間違いないですね。

ちなみに、上の写真の右から2番目がぼくです☺️☺️☺️

 

今思うと、なんとも不思議な時間でした笑

 

 

ファウンデーションコースについてもっと知りたい人へ

 

他のファウンデーションコースについても知りたい

それなら、スクールウィズ にアクセスしてみてください

 

ここまでは、ぼくの経験をもとにオーストラリアのファウンデーションコースについて話してきました。ほとんどのファウンデーションコースも同じような感じだと思います。

しかし、ファウンデーションコースは大学ごとにたくさん種類があって、入学条件やカリキュラムが異なる場合もあります。

そこで、もっと詳しくファウンデーションコースについて知りたい人は、スクールウィズにアクセスしてみてください。

スクールウィズは、日本最大級の留学情報サイトです。語学学校はもちろん、ファウンデーションコースについての情報もたくさん載っています。スクールウィズでは、無料面談会もやっているので、話を聞きにいくだけでもいいかもですね。

まだあやふやでぼやけてる自分の目標が、面談を通して明確になることもるので、迷っている人はぜひ参加してみてください。

 

やっぱり、直接話を聞けるのは情報量が違いますよね

 

以上、ファウンデーションコースの全てでした!もし、これからファウンデーションコースに行こうか悩んでる人がいたら、気軽に相談してみてくださいね〜

じっくり進路相談に乗りますよ♪

 

それでは、また!!