「Sugueigo」の活動理念と僕の自己紹介

 

 

改めまして、こんにちは。当ブログ「Sugueigo」の運営者であるすぐる(@sugueigo_com)です。

 

 

僕の自己紹介と当ブログ「Sugueigo」の活動理念について話していきたいと思います。

 

2019年3月19日に当ブログを本格的に始動してから、早1年半が経ちました。苦しい日々や孤独な日々、たくさんの挫折と成長がありました。

正直、ここまでブログを続けられるとは思っていませんでした。なぜなら僕はほんとうに中途半端もので、努力を継続することができないダメ人間だからです。

 

大学受験は真面目にやらず、オーストラリア留学からは逃げ出し、就職した会社は数ヶ月で辞め、アメリカに行っても1ヶ月で帰ってきたしょうもない人間だからです。

 

僕はそんな自分が嫌いで、本気で変わりたいと何度も思いました。“何も継続できない自分を変えるには何かを継続するしかない”そう思ったんです。

そしてその”自分を変えたい”という一心で当ブログを開設のが活動のきっかけです。だから端的に言うと、「自分を変えるためのブログ」それがSugueigoの本質です。

 

そして、Sugueigoというのは“自分”×”英語”という2つの軸を中心に成り立っています。僕は根っからのダメ人間ですが、そんな僕でも唯一人よも得意なことがありました。それが英語です。

 

理系志望なのにも関わらず世界史7点、物理0点、化学13点、数学47点という赤点数を連発した高三の僕でも、唯一88点取れたのが英語です。

何をやっても継続できず、どんなテストでも赤点を取り、すぐに投げ出してしまうような僕でも英語だけは好きで続けてこられました。

 

なぜなのかは分かりません。ただ英語が僕には合っていたみたいです。だから、もう僕に残されたものはこれしかないと思いました。

「英語×ブログ」で自分を変える。どうしょうもないダメ人間な僕でも、好きなことをとことん続ける覚悟で自分を変えるという思いで当ブログを運営しています。

 

ですが、今となってはブログ運営自体が好きになってしまい、活動理念も変わってきました。(笑)

しかし、英語×ブログという軸自体に変わりはないので、このまま出会ったことのない自分に出会うために「Sugueigo」を続けたいと思っています。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、

ここからは実際に「僕はどんな人間なのか」「どんな理念があってブログを運営しているのか」「僕のこれからの目標は」「僕の人生のゴールは」などを少しだけ話していきたいと思います。

ただの自分語りなので、悪しからず。

 

 

努力から逃げ続けた人生と新たなスタート

言っちゃうと、僕は努力をすることができないダメ人間でした。ずっと。

恥を捨てて、僕の略歴を紹介します。

こんなしょうもない男を笑ってやってください。恥もプライドもありません。全てをさらけ出します。

 

>2016年8月:18歳-高三

この夏の僕は受験生でした。でもろくに勉強もせず毎日だらけていました。そのせいで大学受験は失敗することになります。このときの思い出を≫≫こちらの記事に書いているので暇な時にでも読んでみてください。

>2017年8月:19歳-

大学受験を失敗した僕は浪人生になりました。心から悔しくて、次の年にリベンジすることを決めていました。しかし、いざ浪人生活が始まるも、苦しくて途中で投げ出してしまいます。ほんとうに情けない話です。

>2018年6月:20歳-

日本の大学に行くことを辞めたぼくはオーストラリアに留学します。カレッジに入学し、そのままクイーンズランド大学に行く予定でした。しかし、ここでもまたぼくは留学を途中で投げ出します。そもそもお金がないのに留学をした無謀なバカです。

>2018年8月:20歳-

散々挫折と失敗を繰り返してきた僕にはもう後がありませんでした。だから、最低限の世間体を守るためにプログラマーになる決意をします。元々プログラミングをかじっていたこともあり、若いことを取り柄にIT企業に採用してもらえました。僕はここから逆転をかけて頑張るつもりでした。しかし、数ヶ月で会社を辞めます。

>2019年2月:21歳-

人生のどん底でした。本当に人生のどん底でした。大学受験失敗、浪人挫折、オーストラリア留学挫折、アメリカ挫折、就職挫折。全てを頑張れず、何もかも挫折して、お金も信頼も友人も失って、人生の暗黒期でした。努力から逃げ続けた人生。こんな自分を本気で変えたいと心の底から思いました。毎日孤独で泣いていました。強く自分を変えようと心に決めました。

>2020年2月:21歳-

そんな暗黒の時代から1年、今の僕がいます。2019年暗黒期の僕は死ぬ気で走り続けました。自分を変えたいという思いから「Sugueigo」を開設し、ひたすらに走り続けました。英語も今まで以上に勉強してIELTSテストでスコア6.5を取得し、カナダの大学にも合格しました。唯一の特技である水泳を活かした仕事もし、お金も300万円近く貯めました。もう一度、ゼロからのやり直しです。

>2020年9月:22歳-現在

本来なら今頃はカナダで大学生をしている予定でした。しかし、新型コロナウイルスの影響で留学が中止になりました。そんなわけで相変わらず仕事を続けながら、新たなサイトも開設し、とりあえずお金だけは稼いでおこうという状況です。若干人生模索中です。

 

努力を継続できない自分とはさらば。

ブログで自分を変えたい。だからブログだけは継続しようって心に決めたんです。ブログ運営が上手くいってもいかなくても続けるんだって命に誓いました。

多くのことを中途半端に投げ出し、ひたすら頑張ることから逃げ続けてきた僕にはこれしかありませんでした。何も継続できない自分を変えるには何かを継続するしかない”。そう思ったんです。それが英語ブログです。

もう努力を継続できない自分とはさらばじゃ。

 

それでも挑戦した自分は偉い。

これだけ挫折を繰り返し、ひたすらに逃げてきた僕だけど、僕はそれでも自分のことは見捨てていません。むしろ、たくさん挑戦してくれて偉いと思っています。

確かに中途半端な人間だったけど、あれこれ手を出してきたからこそ、自分に合うものと合わないものを見つけることができました。

失敗ばかりで恥の多い人生だったけど、それでも挑戦した自分は偉いです。

それに、失敗したってまた何度でもやり直せばいいんです。そんなマインドも手に入れることができました。

むしろ、今ではこれが正解だったとすら思っています。

 

人生、社会のペースに合わせる必要はない。

昔のぼくは、というよりつい最近までのぼくは社会のペースに合わせることに必死でした。18歳で大学に入って22歳で卒業し、そのまま就職してキャリアを積んでいくという風に、このレールの上で生きていかなければいけないと強く感じていました。

人生に対する見方が完全に固定されてしまっていたんです。道を踏み外してしまう恐怖感がいつも頭の中にありました。

ですがこんな数奇な人生を送っていると、どうも思考が激変してしまいます笑)

そもそもなんで18歳で大学に行かなきゃいけないんだという考えに至りました。だってそうじゃないですか。たかだか18年生きてきただけの自己理解で、その後の自分の将来を選択するって無理じゃないですか。

自分は何が好きなのか?とか、自分の理想とする仕事は本当に自分のやりたいことなのか?とか、自分は本当にその学部に行きたいのか?とか、本当はよく理解していないと思うんです。中にはできる方もいると思いますが。

でも、ぼくたちは学校の先生や親、周りの友達や先輩の話、そんな狭い世界で生きてきて身につけた認識によって自分の選択肢を決めているだけであって、それは本当に自分がやりたいこととは違うと思うんです。

ましてや、18歳なんてまだ小っさい子供なわけで、道を踏み外す恐怖とか、得体の知れない将来の不安とか、何か重い鎖に心を支配されている訳で、本当の自由な選択ってできないと思うんです。少なくとも、ぼくはそうでした。

だからぼくはこの忙しすぎる社会のペースに一石を投じたいんです。18歳で大学に行く必要はない、と。

それよりもずっと大切なことは、社会というものの仕組みを理解して、世の中がどのように回って機能しているのか?を理解することだと思うんです。

社会の仕組みが分かれば、自分の進むべき道も意外にはっきりとするものです。

と、20歳の時オーストラリア留学をしてたとき、ぼくはこんな考えに至りました(笑)

つまりぼくが思うことは、別に焦って大学に行く必要もないなって。社会のペースで生きる必要はないなって。

キツキツの状態で奨学金まで背負うとか嫌だし、学びたいこともはっきりしていないし、将来のことも決まってないし。

それよりも、しっかりと実力をつけて、お金もガッツリ稼げるようになって、自分の学びたいこともはっきりして、それから大学に行けばいいかなって。

そんな生き方もありだと思うのです。

 

海外が好、ぼくはまたゼロからスタートする

海外に出たことで、僕は海外が好きなんだということが分かりました。というより、海外で英語を話す自分が好きみたいです。

外国人とお話をしたり、異文化に触れてみたり、日本とは違う環境で生活をしてみたりすることがすごく楽しかったんです。

だからぼくは、もう一度海外に留学します。

今はコロナの影響で難しい状況ですが、来年2021年には留学する予定でいます。カナダに行くのか、ヨーロッパに行くのか、はたまたどっか別の国か。

英語は本当に素晴らしい。

ぼくはぼくにたくさんの可能性を与えてくれた英語に心から感謝します。

 

 

「Sugueigo」で発信したいこと(活動理念)

自分を変えるために始めたブログ「Sugueigo」。僕はこのブログを通して叶えたいことがいくつかあります。

それは発信の軸にも関係してくるので、少しだけ紹介していきます。

 

人生は常にやり直しが効く

人生に失敗はつきものです。でも日本では失敗をすることは悪いことで、恥ずかしいことだと考えている人が多いように感じます。

そんな失敗を怖がって挑戦できず、ずっと我慢して嫌なことを続けている人に僕だからこそ伝えたいことがあるんです。

「失敗しても、またやり直せるから大丈夫だぞ」と。

失敗は辛いし、多くの恥をかきます。僕も多くのことに挑戦し、全て失敗してきました。てか、何をやっても中途半端でダサいやつでした。

そんな僕でも、またゼロから始めようとしています。英語を勉強し直して、もう一度海外で挑戦するつもりです。

だから今となっては、たくさん失敗をしてきて良かったなって心から思っています。

失敗した分強くなるし、人は必ず成長するからです。

恐怖に支配される必要なんかありません。人生は常にやり直しが効きます。

だからぜひ勇気を出して、自分の夢や本当にやりたいことに挑戦してほしいです。

絶対そっちの方がいいに決まっています。

 

努力を続けることの大切さ

“自分を変えるためには継続するしかない”これが僕が今でも心に留めている言葉です。

人生が変わった!とまでは実感していませんが、僕はブログを継続したおかげで一つのことで成功することの大変さを身を持って体験しました。

結局、中途半端な努力や継続で結果が得られるものなんてありません。どんなことでも、努力を継続しないと見えない景色があるものです。

だからこそ、「努力を続けることの大切さ」をこのブログを通して伝えていきたいと考えているんです。

何一つ努力できなかった過去の自分を救いたいという気持ちもありますし、努力を継続することこそ充実した人生への切符だと信じているからです。

結局、人を作るのは習慣なんだと思います。

 

英語でロマンを追い求める

英語ができたおかげで、僕には海外という選択肢が人生にありました。

何一つ頑張れず、世界史、物理、化学、数学で赤点を取った僕でも唯一成績優秀だったのが英語です。

今の僕がいるのも、英語という武器があったから這い上がってこれたと思っています。英語がなかったら、僕の人生は本当に詰んで悲惨なことになっていたと思います(笑)

僕にとっては英語が人生のロマンを追い求める鍵ですが、皆さんには自分自身の武器を見つけて欲しいと思っています。

武器なくしては戦えません。

自分の人生を切り開くためにも、自分自身の武器は身につける必要があります。

これだけは誰も負けないという強く鋭い刃があれば、確固たる自信に繋がり、茨の道とて切り開いていけます。

“英語でロマンを追い求める”というのは、“自分自身の武器で人生を自由と感動で溢れさせる”という意味が込められています。

 

以上の3つが、「Sugueigo」の活動理念であり、僕の発信の軸でもあります。

 

 

これからの人生の目標。

ここのページは、身近な目標ができ次第更新していきます。

僕の決意としての、人生の目標を書いています。

 

2020年10月段階での直近の目標

・ブログの記事を400記事書く。

・新しいサイトで10万PVを達成する。

・IELTSテストでOver allスコア7.0を取る。

・英検1級に合格する。

・英語講師の仕事を始めてみる。

 

目標を達成しor新しい目標ができ次第、追加する形で更新していきます。

 

 

僕のゴール

今の僕の人生には大きく2つの夢があります。

  1. 500万PV超のトップブロガーになりたい。
  2. 前沢社長みたいな経営者になりたい。

 

笑っちゃうかもなだけど、今の僕の想像の範囲内だとこの2つが人生の大きなゴールです。

これが達成されたら、また新しいゴールができるかもしれないけど、今はこの2つが最終地点です。

理由はシンプルで、大好きなブログで成功したいのと、社長でいる自分に酔いながらバーでお酒を飲みたいからです。なんか、楽しそうじゃないですか?(笑)

 

 

以上、「Sugueigo」の活動理念と僕のゴールの話でした。というより、ほとんど自分の醜態を晒して終わりましたが(笑)

それでは、英語でロマンを追い求めていきましょう。