【誰におすすめ?】ベストティーチャーを体験した私がリアルな口コミをする!

 

 

ベストティーチャーは、レッスン受け放題ができるオンライン英会話サービスです。ライティング→添削→スピーキングの順番にレッスンをすることができます。

 

オンライン英会話を76社以上も調査したぼくが、ベストティーチャーの特徴や口コミ、実際に使った感想を世界一分かりやすく紹介します。(@sugueigo_com

 

ベストティーチャーはある程度英語の理解ができている中級者以上におすすめですね。

 

目安として、英検3級〜2級もしくはTOEIC300点〜500点の人が、英検準1級〜1級またはTOEIC550点〜880点を目指すイメージです。

英語中級者の方が一気に英語上級者を目指すのにおすすめのスクールですね。自分の英語力をさらに伸ばしたいという方はまずはぜひ≫≫無料体験レッスン で試してみてくださいね。

≫≫ベストティーチャー:公式ページ

 

 

レッスン受け放題ができるベストティーチャーとは?

ベストティーチャーの最大の特徴は、“ライティング×スピーキング”を融合した独自のオンライン英会話サービスであることです。

「まずは英語が書けること、その次に書いたことを話せること」のように段階を踏んで学習していくので、本質的な英語の理解力を上げることができます。

 

英語の上達必至!ベストティーチャのレッスンの流れを詳しく解説!

オンライン英会話ベストティーチャーのレッスンの流れ!

ベストティーチャーの全てのレッスンは、ライティング→添削→スピーキングの順番で行います。

英語をたくさん書いてしっかりと添削をしてもらい、そして正しい英語をたくさん話す!というイメージです。アウトプット重視の流れなので、知識の定着率はかなり高かったです。

 

ライティングレッスンの内容!

まず自分の好きなトピックを選びます。

トピックの内容には様々なものがあって、会社のこと、趣味に関すること、健康やお金に関すること、学問や教育に関することなど、身近な日常に関するトピックがたくさんありました。

このような感じで、自分の気になるトピックや話してみたいことに関するものを選びます。

そしたら今度は、そのトピックの内容で講師とチャットをします。対話形式のチャットで、最大5往復まで英語のやりとりができます。

ベストティーチャーのチャット

1回のメッセージで最大100単語まで英語を入力できるので、効果的な学習をするためにもぼくは文字制限一杯に英語を書くことをしていました。

英語を書いてて感じたのは、やっぱり書く作業をすることで知識が理解が深くなるなってことです。

なんていうか、今まで英語が口からスッと出てこなかったのがまるで嘘みたいに、英語が口からスラスラ出てくるようになったんですよね。だから、本当にライティングのレッスンはスピーキングに直結しているなって感じました。

ベストティーチャーには他にも魅力的なトピックがたくさんあるし、レッスンも受け放題なので、迷っている方はぜひ≫≫無料体験レッスン から始めてみるのをおすすめします。

気に入らなかったらすぐに退会できるので、お金は一切かかりませんからね。

 

講師からの添削!

自分の書いた英文は講師に丁寧に添削をしてもらえます。

ベストティーチャー講師からの添削!

実際にベストティーチャーの講師に添削をしてもらうことで、文法の理解が非常に深まりました。

今まで漠然としてた知識がくっきりとする感じで、添削というのはここまで効果のある学習なんだなって初めて実感しましたね。

世の中には英文の添削だけをしてくれるサービスもありますが、ライティング+添削+スピーキングのレッスンができるベストティーチャーは最高だなって思いました。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

スピーキングレッスンの内容!

ライティングした内容を話す!+αがスピーキングレッスンの内容です!

ライティングレッスンと添削が終わったら、最後はスピーキングレッスンで仕上げをします。

スピーキングレッスンの内容は主に、ライティングで使った教材をもとに進めていきます。

教材を見ないで同じことを話したり、別の表現で話したり、もっとネイティブっぽく言うには?ということにフォーカスして進められます。

特に、自分が書いた文章とは別の表現ができることを教えてもらえるのは非常に勉強になりました。また、ビデオ通話ならではの発音の矯正ができるのも良かったですね。

スピーキングレッスンの時間は25分間で、Skypeを使うので各自で設定する必要がありますね。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

ベストティーチャーの講師の紹介!

ベストティーチャーの講師の最大の特徴は、世界50カ国以上の様々な国からの講師がいることです。

アメリカ、カナダ、イギリスからのネイティブ講師はもちろん、フィリピン、インド、セルビアなど、あらゆる国からの講師がバランスよく揃っています。

そうすることで、様々な発音に触れることができ、より実践的な英語経験ができるというメリットがあるんですよね。

実際、英語を話す全人口16億人のうち、ネイティブはたったの3億人ですからね。僕らはむしろ非ネイティブの英語に触れる機会の方が多いんです。

だからこそ、様々な英語の訛りに触れられる経験というのはより実践に近いなと感じましたね。

≫≫ベストティーチャー:公式サイト

 

ベストティーチャーの料金とプランは・・?

コース名 月額料金 レッスン回数 特徴
通常英会話コース 12,000円(税込) 受け放題 日常英会話、ビジネス英会話を勉強したい人向け。
試験対策コース 16,500円(税込) 受け放題 IELTS、TOEFL、TOEICを対策したい人向け。
英検対策コース 16,500円(税込) 受け放題 英検対策をしたい人向け。

ベストティーチャーには全部で3つのコースがありますね。

ぼくは通常英会話コースを選んでいました。特に試験対策をしたい人でなければ、通常英会話コースが一番おすすめです。英語全般の力を上げることができます。

一方、試験対策コースは以下の試験の対策ができます。

  • TOEFL iBT対策
  • IELTS対策
  • TOEIC SW対策
  • TEAP対策
  • GTEC CBT対策

また、英検対策コースは3級〜1級までに対応しているので、充実度はかなり高いですね。

どのコースにしようか迷っている方は、まずは≫≫無料体験 で全部を試してみることをおすすめします。無料体験ではベストティーチャーの機能の全てを体験することができますよ。

 

 

ベストティーチャーの良い所と残念な所を話す

実際にベストティーチャーを利用してみて分かった、良い所と悪い所を話していきます。

 

ベストティーチャーの良い所

  • 予習・復習機能の充実で学習効果UP
  • 24時間受講可能で自分スケジュールで学べる
  • 珍しい国籍の講師とレッスンができる

他にもベストティーチャーの良い所はたくさんありますが、ぼくが感じた良い所は大きくはこの3つですね。

特に、ベストティーチャーの復習システム「ベストレ」は英語学習の強い見方になってくれます。

 

予習・復習機能の充実で学習効果UP

この動画はベストティーチャーの予習・復習システム「ベストレ」の解説動画なんですけど、このシステムが非常に優秀なんです。

「ベストレ」では以下の4つの機能を使うことができます。

  • 間違い直し&分からない所のメモ
  • オーバーラッピング学習
  • シャドーイング学習
  • ディクテーション学習

オーバーラッピングとは、英語の音声に合わせて英文を読む勉強で、シャドーイングは流れてきた英語の音声を繰り返し口ずさむ勉強法です。

また、ディクテーションは聴こえてくる音声を元に、穴埋めをして英文を完成させる勉強法です。

この3つの勉強法は誰もが認める英語力アップの勉強法なので、それが「ベストレ」一つでできちゃうのはかなり良かったですね。

また「ベストレ」の分からない所のメモ機能を使うことで、スピーキングレッスンで効果的な質問ができたり、復習のときに役立つのでかなり便利だと感じました。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

24時間受講可能で自分のスケジュールで学べる

24時間いつでもレッスンができるのはベストティーチャーの強みですね。

英語を学びたいけど、時間がないという人でも自分のスケージュールに合わせて学習ができます。

早朝でも、深夜でも時間を問わないのでかなり便利だと感じました。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

珍しい国籍の講師とレッスンができる

ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の講師と会話ができるのはベストティーチャーか≫≫ネイティブキャンプぐらいなんじゃないでしょうか?(笑)

多くのオンライン英会話サービスでは、フィリピン人講師が中心なのでそうそうあり得ませんよね。

ベストティーチャーの講師は本当に多国籍なので、自分とは全く違う文化を持つ方と関われるというのは、非常に大きな強みだと感じました。

他では体験できないことなので、多国籍な講師と話したい人にはおすすめですね。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

ベストティーチャーの残念な所

  • ライティングの添削に時間がかかりすぎな件
  • 受け放題の意味がないのでは?
  • Skypeではなく独自の通話機能があれば便利だった

ライティングの勉強ができるのはベストティーチャーの強みですが、それが裏目にででるなって感じました。

1レッスンが終わるまで2時間とかそれ以上かかることもあったので、1日に何回もレッスンを受けるのは正直厳しいなって思いました。

 

ライティングの添削に時間がかかりすぎな件

毎回ではないですが、中には半日経ってやっと添削が帰ってくる先生もいました。

たぶん他の生徒も対応して忙しんでしょうが、「いくらなんでも遅くない?」って不満になりましたね。

でもほとんどの先生は10分〜30分で添削をしてくれるので問題はありませんが、中にはそういう講師の方もいるので注意してくださいねってことです。

 

受け放題の意味がないのでは?

スピーキングレッスンが受け放題でできると思ってベストティーチャーに入会すると失敗します。

なぜなら、ベストティーチャーではライティング→添削が終わらないとスピーキングレッスンができないようになっているからなんですよね。

つまり、ライティング→添削→スピーキングで一つのレッスンなんです。そして、この一つのレッスンを終えるのに早くても2時間くらいかかります。

正直、ぼくは1日2時間オンライン英会話をやるだけでも大変なので、受け放題の実感はしませんでした。

1日に4時間以上勉強できる人には受け放題の意味は大いにありますが、みんながみんなそんなに英語に時間を取れませんよね。

だから、受け放題ができると喜んでベストティーチャーを選ぶことはおすすめしませんね。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

Skypeではなく独自の通話機能があれば良かった

最後は完全にぼくのわがままなので、あまり参考にならない口コミです(笑)^^;

ぼくはSkypeがあまり好きじゃないんですよね。だから、≫≫ネイティブキャンプみたいに独自の通話アプリがあればかなり嬉しかったですね。それだけです笑

 

まとめると、ベストティーチャーには確かにデメリットもありましたが、全体的には素晴らしサービスだと感じました。

特に、ライティングの練習をしたい人にとってはかなりおすすめです。

添削をもらえるサービスも中々ないし、それでいてスピーキングのレッスンもできるので、月額12,000円の価値はあると思いましたね。

また、ベストティーチャーは英語試験の対策が充実してる数少ないオンライン英会話なので、試験対策したい人には一番おすすめのサービスですね。

迷っている方もまずはぜひ≫≫無料体験レッスン から試してみてください。ベストティーチャーの全ての機能を無料で使えるので、試すメリットは大きいと思います。

 

 

結局、ベストティーチャーはどんな人におすすめ?

結論を言うと、ベストティーチャーは以下のような人におすすめできるサービスです。

  • 英語の試験対策をしたい人
  • 英語のライティング力を上げたい人

特にIELTSやTOEFLの対策をして海外留学を決めたい人や、TOEICや英検を取得してキャリアアップを目指したい人にはおすすめのサービスです。

また、仕事で英文章を使う機会が多い方にもおすすめします。ベストティーチャーを受講すると、とにかくライティング力は上がりますからね。

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

ベストティーチャーをおすすめしない人

  • 英語をたくさん話してスピーキングの強化をしたい人
  • 英語初心者で文法から詳しく英語を学びたい人

ベストティーチャーは確かに受け放題のオンライン英会話ですが、英語を話すことに特化はしていないので、たくさん話したい人にはおすすめしません。

あくまで、ライティング+添削+スピーキングがセットで受け放題なので、スピーキングだけをやる時間はありませんからね。

 

もしスピーキングだけに特化したオンライン英会話サービスを受講するなら、≫≫ネイティブキャンプが一番おすすめなのでぜひチェックしてみてください。

【体験レビュー】オンライン英会話NativeCamp(ネイティブキャンプ)を3ヶ月間続けてみた感想

 

また、英語をゼロから学びたい初心者にもおすすめしません。ある程度英語の基礎力がないとベストティーチャーを受講する意味がありませんからね。

目安として、ベストティーチャーを受講するなら最低でも英検3級、TOEIC300点以上はほしいですね。

逆に英語初心者におすすめのオンライン英会話は≫≫Kimini英会話なので、ゼロから英語を学びたい人はぜひ覗いてみてください。

英語初心者にやさしい「Kimini英会話」の特徴と良い点・悪い点を分かりやすく口コミ!

 

また、ライティングだけに特化したオンライン英語学習サービス≫≫HiNative Trekというサービスもあるので、ライティングを強化したい人は要チェックです!

【口コミ・評判はどう?】英語学習アプリのHiNative Trekのメリットや利用の流れ!

 

 

ベストティーチャーを実際に利用している他の人たちの口コミ・評判は?

では最後に、ベストティーチャーを利用している他の人たちの口コミ情報を紹介していきます。明るい口コミも暗い口コミも隠さずにまとめています。

明るい口コミ・評判

他にはなかなかないユニークなサービスだと思います。
英語の勉強を始めた頃はインプットを多めにやる必要がありますが、ある程度インプットできたらアウトプットをしたほうがかなり英語力が向上します。テーマに沿って自分でスクリプトを作るのは英語でコレポンの仕事をする上でかなり役に立ちました。30代女性:なべこさん(引用元:みんなの英語ひろばより)

いま話題の4技能を学習できる唯一のオンライン英会話です。ライティングができるスクールはここだけですし、24時間できる点も魅力的です。社会人だけではなく、高校生の大学受験にも使われているそうです。30代男性:かわらださん(引用元:みんなの英語ひろばより)

教材は他人英語。ベストティーチャーは自分英語。これに尽きる思います。結局、教材とかカリキュラムとか与えられてそれをやっていても、英語はできるようにならない。自分で授業をリードするというか、自分で話したいことをプロアクティブに学んでいくスタイルが好きです。30代男性:えいご難民さん(引用元:みんなの英語ひろばより)

良い点は、スピーキングとライティングの練習ができること、レッスンが受け放題であること、ライティングは専門用語を含め、何を書いてもよいことは、この英会話教室の良い点だと思います。お気に入りの先生のスカイプの予約も取りやすいのも、長所だと思います。40代女性:Userさん(引用元:みんなの英語ひろばより)

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

暗い口コミ・評判

講師を選べるのはスカイプレッスンだけで、ライティングを促進する先生、添削の先生は選べないので、合わない添削(ミスが多い、説明が少ない、合っているのによりナチュラルではないマニアックな表現に直される、知識が信頼できない等)先生が担当する時は、かなりストレスを感じます。40代女性:Userさん(引用元:みんなの英語ひろばより)

レッスン内容がとても良いのでこの料金体系は仕方がないかなと思いますが、すこし手が出にくい料金ですね。でも短い期間だけ取り組んでみるという方法も考えてみるといいのかもしれませんね。30代女性:jet88emさん(引用元:みんなの英語ひろばより)

講師により、添削にばらつきがある。修正されてもそれが間違いとは限らない。気になったことは後日別の講師に尋ねても良いかもしれない。あとは特に気になる点はない。40代女性:ホワホワさん(引用元:みんなの英語ひろばより)

≫≫ベストティーチャー:無料体験レッスン

 

 

ベストティーチャーまとめ

ベストティーチャーは英語をもう一段階伸ばしたい人におすすめのスクールです!

24時間受け放題、ライティング強化、添削、スピーキング練習、国際色豊かな講師陣、「ベストレ」機能、英語試験対策充実。

 

などなど、ここまで充実したサービスを月額12,000円ぽっきりで受けられるのはベストティーチャーだけです。

とにかく短期間でたくさんレッスンを受けて一気に上達したい人や、英語のライティングとスピーキングをバランス良く伸ばしたい人にはぴったりのスクールだと感じました。

迷っている方もまずは≫≫無料体験レッスン から初めてみてくださいね。きっと新しい発見があるはずです。

 

以上、すぐるの戯言でした!(@sugueigo_com

 

当ブログ「Sugueigo」では、英語学習に役立つ考え方や知識を発信しています。また、ぼく自身が使ってみて良かった教材やサービスについてもレビューしています。