IELTSで6.5を取るために必要な勉強量は?対策法も詳しく紹介!

 

 

はじめまして。こんにちは。

英語ブロガーのスグル(@sugueigo)です。

 

 

もし英語初心者がIELTSで6.5を取ろうとするなら、最低でも1日5時間の勉強を1年以上は続ける必要があると思います。

いや、それでも厳しいかもしれません。

 

 

最短距離でIELTS6.5を目指すためのロードマップを記していきます。

 

 

 

そもそもIELTSテストって?

IELTSとは、英語の試験のことです。

 

全部で4科目あり、書く、読む、聞く、話すをテストします。

 

IELTSにはアカデミックとジェネラルの2つのタイプがあります。

留学生はアカデミック、移住希望者はジェネラルモジュールを受験します。

テストの内容はほぼ同じです。

 

IELTSテストの内容は?

試験の種類 試験時間 試験内容
ライティング 60分 エッセイが二つ
リーディング 60分 大問3つ全40問
リスニング 30分+10分間の記入時間 大問4つ全40問
スピーキング 13〜15分 3つのパート

ライティングでは、エッセイを2つ書くことが求められます。1つ目は、図やグラフの情報で150文字以上で要約します。2つ目は、国際や環境、社会問題に関する意見に対して250文字上で自分の意見を書くことが求められます。

リーディングでは、1400文字程度の長文が3つ出題されます。長文1つにつき13〜14つ問題があり、全部で40問です。長文のレベルはかなり高めです。

リスニングでは、会話文や説明文を聞いて、問題をときます。大問は4つあり、大問1→大問4にいくほど難しくなります。各10問で、全部で40問あります。

スピーキングでは、13〜15分間英語で話すことが求められます。全部で3つのパートがあり、パート1とパート3では英語で質問がされ、それに答えます。パート2では、与えられたお題に対して、2分間くらいのスピーチします。

 

IELTSテストの採点方式

IELTSテストでは、4つの科目の平均点を四捨五入したものが、最終的なオーバーオールスコアになります。得点は0.5点刻みで、9点満点です。

例えば、次のような場合、オーバーオールスコアは6.5になります。

テスト科目 獲得点数
ライティング 6.0
リーディング 6.5
リスニング 6.5
スピーキング 6.0

6.0+6.5+6.5+6.0=6.25。この6.25を四捨五入して、6.5。つまり、オーバーオールスコアは6.5になります。

そして、海外の大学にいくにはオーバーオールスコアが最低でも6.5以上は必要です。オーストラリアの市民権を取るには7.0以上が求められます。

【関連記事】

≫≫【IELTS初心者へ】初受験でIELTSスコア5.5とるための勉強法と攻略法の全て【保存版】

 

 

 

IELTS OA6.5を目指すためのロードマップ

 

 
スグル
英語力別に紹介していきます。
 
レオン
自分に当てはまりそうな所から読んでにゃ。

 

 

❶:英語力がゼロの人の場合

はっきり言うと、もし今の英語力がゼロの場合、IELTSで6.5を取るには最低で2年以上はかかると思います。

むしろ、英語力ゼロから2年間でIELTS6.5を取るのはかなりズゴイことです。

 

英語力ゼロの人がIELTSで6.5取るまでの道のり。

  1. 英語の基礎力をつける
  2. 英語の応用力をつける
  3. IELTSの対策をする

英語力ゼロの人はこの3つのステップを踏みます。

終えるまでに最低2年以上はかかります。

 

目安として、英語の基礎力をつけるのに6ヶ月。応用力をつけるのに1年。IELTSの対策をするのに6ヶ月以上かかりますあくまで目安です。うまくいった場合の話です!

そして大切なのは、すべて同時進行で進めることです。 つまり、英語の基礎を勉強しつつIELTSの問題に触れてみたり、英単語の勉強をしつつ話す練習をしたりです。

 

❶ 英語の基礎力をつける。

英語の基礎力とは、「読む力」と「聞く力」をつけることです。つまり、どんな複雑な文章でも読みこなすことができて、始めて基礎力があるといいます。

そして、基礎力をつけるには、英単語と英文法の網羅は必須です。だから、英語力ゼロの人がまずするべき勉強は英単語と英文法を覚えることです。ぼくが使ってた教材を紹介します!

英語初心者〜中級者向け

英語中級者〜上級者向け

 

英文法の総合辞書の決定版

 

英文法問題集の決定版

 

 

英単語と英文法の勉強に関しては、この4つの参考書を網羅すればバッチリです。英語力ゼロの状態から上級者レベルまでいけます。

ぼくは高校生のときこの4つの参考書のみで、英語のセンター試験で8割取れました。そのくらい充実した教材です。英単語・文法・熟語・語法・発音・アクセントすべて学べます。

 

❷ 英語の応用力をつける。

英語の応用力とは、「書く力」と「話す力」をつけることです。しかし、この2つの力をつけることはかなりハードです。正直すぐにできるようにはなりません。

ぼくは6年間英語の勉強をしてきましたが、6年目でやっとこの2つの力がついてきました。かなりしんどい道のりでした。まあ、ぼくの場合完全に独学でやってたのでこんなに時間がかかったんだと思います。

そこで、自分の経験から気づいたのですが、最短で英語の応用力をつけるには、今から始めることが大切だというです。そして人に習うことです。やはり自力じゃ無理がありましたね。

そこでぼくが使っていたのは、≫≫オンライン英会話サービス です。レアジョブ英会話なら、業界最大手でかつ≫≫無料体験レッスン もできるのでぜひ試してみてほしいです。

ぼく自身オンライン英会話を毎日コツコツ続けるようにしてから、英語が一気に伸びていきました。やっぱり、話すことって一番大切な勉強法だと思いました。

英語を最短で身につけたいなら、絶対にアウトプットに重点をおいた勉強法が一番だと思っています。

今から取り組めば、3ヶ月後にはだいぶ英会話ができるようになりますからね。レアジョブ英会話なら初心者向けの教材も充実しているので、心からおすすめできます。

 

❸ IELTSの対策をする。

ここまで話してきたことを実践してきたなら、確実に英語の基礎力は付いているはずです。あとはIELTSの対策をしていくのみですね。

IELTS対策なら、公式問題集は必須アイテムです。

IELTS対策には4つのステップがあります。

  • IELTS英単語の勉強
  • IELTS長文解釈の勉強
  • 「話す」「書く」勉強
  • 公式問題集を解く

この4つの勉強を徹底的にやることで、確実にIELTSで目標点数が取れるようになります。

 

IELTS英単語の勉強

IELTS英単語の対策に関しては、この1冊で十分です。ぼくはこれだけ使いました。7.5レベル以上狙えます。

 

IELTS長文解釈の勉強

IELTSの長文を読みこなすには、英文解釈の勉強は必須です。この1冊を理解できれば、IELTSの長文は簡単に読みこなせるようになります。ぼくはこの参考書を50回は繰り返しました。

 

「話す」「書く」勉強

書く話す勉強に関しては、さっき紹介したレアジョブ英会話がおすすめです。ぼくはレアジョブ英会話で話す訓練を繰り返しながら、公式問題集で書く勉強をしていました。

スピーキングに関しては、とにかく英語を話せるようになることが大切なので、ここは日々の積み重ねしかないと思います。

オンライン英会話サービスを使いこなして、たくさん話すことが一番の近道です。

書くことに関しては、〉〉IELTS-exam.netというサイトがおすすめです。IELTSライティングの実践問題とその回答例がたくさん載っています。

とても参考になるので、ぜひ活用してみてください。全て無料!で使えます。

 

公式問題集を解く

IELTS対策の最後の段階として、あとは公式問題をたくさん解いて行くだけです。

時間制限なしで問題を解いてみたり、時間制限を設けて問題を解いてみたり、色んな工夫をして取り組んでみてください。

 

 

IELTSで6.5さえ取れれば、海外留学への道が一気に開かれます。

 

 

❷:英語力が中級以上の人の場合

ここで言う中級者とは、英単語と英文法はある程度理解していて長文は読めるものの、話すことや書くことが苦手な人です。スバリ、中級者がIELTSで6.5を取るには1年以上はかかると思います。

「話す・書く力」をつけることはそれぐらい難しいんですよね。そして、これがまさにIELTS学習の中心でもあります。

中級者がIELTS6.5取るまでの道のり

  1. 話す・書く力をつける
  2. IELTSの対策をする

英語の基礎力が完成している分、初心者より時間が掛からなくて済むのは嬉しいですね。しかし、英語の応用力「話す」「書く」力をつけるにはまだまだ長い道のりが必要です。

目安として、話す・書く力をつけるのに最低6ヶ月、IELTS対策をするのに最低6ヶ月はかかります。

 

❶ 話す・書く力をつける。

ここも先ほど紹介しましたが、話す・書く力をつけるには、とにかく実践形式で英語を使うことが大切です。

失敗しても良いから話してみる、下手でも良いから書いてみるという訓練が上達への最短距離だと思っています。

ぼく自身、話す・書く力を付けたいのに、読んだり暗記したりの勉強ばっかりをして、2年間以上も全く成長が無かったという暗い経験があるので、そんな失敗だけはして欲しくないです。

できるなら今から、オンライン英会話サービスなどを使って、英語を実際に使ってみる習慣をつけることをおすすめします。

 

❷ IELTSの対策をする。

  1. IELTS英単語の勉強をする
  2. IELTS長文解釈の勉強をする
  3. 「話す」「書く」勉強をする
  4. 公式問題集を解いてみる

先ほども紹介しましたね。この4つのステップを意識して、IELTS対策をしてみてください。

【関連記事】

≫≫【IELTSの勉強法】正しく力をつけてIELTS6.5を突破するための具体的な対策!

 

❸:英語力が上級以上の人の場合

英語力が上級以上の人の場合、IELTSで6.5を取るには数ヶ月から半年あれば十分だと思いますむしろ、対策次第では1ヶ月で取ることも可能だと思います。

ここでいう英語上級者とは、文法・単語共に知識量が豊富で、簡単な英語を話せたり書けたりする人です。たとえば、英検で準1級以上持っている人が該当します。

 

英語上級者の人がIELTSで対策するべきポイント。

  • スピーキングの対策
  • ライティングの対策

英語上級者の人は、スピーキングとライティングを特に対策することをおすすめします。なぜなら、読む・聞くに関してはとっくに慣れているはずだからです。

 

スピーキングの対策

IELTSのスピーキングで特に難しいのは、「パート2」のスピーチです。ランダムなトピックに対して、2分間スピーチをすることが求められます。かなり難しいと思います。

ここの部分に関しては、やはりオンライン英会話で対策するのが一番ですね。他には、以下にサンプル問題まとめと攻略法を詳しく紹介しているので、時間がある時に読んでみてください。

【リンクまとめ】

≫≫【サンプル質問90コ】IELTSスピーキングテスト「パート1」の例題集と勉強法

≫≫【IELTS攻略】スピーキングテスト「パート2」のサンプル問題12選と攻略法

≫≫IELTSスピーキング「パート3」の高頻出サンプル問題45選と攻略法の解説

 

ここにあるサンプル問題に一人で答えてみるという練習もかなりおすすめの勉強法です。

高頻出問題を扱っているので、きっと役に立つはずです。

 

ライティングの対策

ライティングの対策に関しては、以下の2つの記事を読めば必要最低限の知識はすべて網羅することができます。

≫≫【神回】IELTSライティング「タスク1」で6.5レベルのエッセイの書き方と必須知識の全て

≫≫IELTSライティング“タスク2”で(6.5以上)の高得点を取るためのエッセイの書き方

 

IELTSライティングで高得点を取るための考え方とエッセイの書き方が深く学べます。

 

 

 

IELTS対策におすすめのサービス&教材紹介

 

 
スグル
IELTSを短期間で突破したいなら、必ずチェックしていてくださいね。
 
レオン
どれも本当に素晴らしいサービスにゃ。

 

⑴:一番おすすめ|ガッツリ4技能対策するなら

IELTS Trainer Pro公式ページ

ぼくが使って一番良かったのが、>>IELTS Trainer Proです。

リーズナブルな料金でIELTS対策ができます。

IELTS4技能をガッツリ対策したいなら、一番おすすめです。

ぼく自身、実際にレッスンを受けましたがとても良かったです。

ぜひ、>>無料体験レッスンから受けてみてください。

 

 

たった一晩でIELTSライティングを攻略するなら!

IELTSライティング攻略に必要な全ての情報を、二冊の電子書籍にまとめました。

>>IELTSライティングPerfect Essayセットです。

 

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

ということを網羅的にまとめています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。

 

 

以上、おすすめのサービスでした。