【IELTSリーディング攻略】全問題の解き方と高得点を取る勉強法

 

 

こんにちは、

英語ブロガーのスグル(@sugueigo)です。

 

 

IELTSのリーディングを攻略するためには、

問題のタイプとその解き方を知る必要があります。

 

 

この記事ではIELTSリーディングの攻略法を話していくよ。

 
 

まずはどんな問題が出るのかを見ていくにゃ。

 

 

 

IELTSリーディング6つの問題タイプを解説

 

IELTSのリーディングには6つの問題タイプがあります。

  1. 穴埋め問題
  2. TRUE-FALSE問題
  3. マッチング問題
  4. 複数選択肢問題
  5. パラグラフ一致問題
  6. 題名一致問題

 

この6つの問題タイプと各問題の解き方を理解することで、高得点が狙えます。

 

① 穴埋め問題

 

穴埋め問題とは、与えられた文章内の空欄に当てはまる言葉を本文中から探し出し、穴埋めして文章を完成させる問題です。

空欄に当てはまる文字数は、問題によって1個〜3個とさまざまです。

そして穴埋め問題は、IELTSリーディングの問題の中でも比較的かんたんな方です。

 

穴埋め問題を解くコツ
  1. 問題の順番と本文の順番が一致している
  2. 問題の文章は本文中の言い換え表現になっている

 

上の二つのことを心得ておけば、穴埋め問題はとても簡単に解くことができます。

 

まず穴埋め問題では、問題の順番と本文の順番が一致しています。

つまり1問目の答えが第一パラグラフにあって、3問目の答えが第二パラグラフにある場合、2問目の答えは第二パラグラフにある可能性が高いです。

つまり、問題の順番と本文の流れが対応しているということです。

 

次に、空欄がある文章は本文中にある文章の言い換え表現になっています。

つまり、空欄の答えを見つけたかったら、空欄の前後の文章の言い換え表現を本文中から探せばいいわけです。

 

以上の二つのコツを押さえれば、穴埋め問題はスッとできるはずです。

 

② TRUE-FALSE問題

 

TRUE-FALSE問題とは、与えられた文章の内容が正しいかどうかを選ぶ問題です。

文章の内容が正しければTRUEを、間違っていたらFALSEを、そもそも情報が本文に載っていなかったらNOT GIVENを選びます。

他にも、YES、NO、NOT GIVENの3つから選ばせらせる問題もあります。

 

TRUE-FALSE問題を解くコツ
  1. 問題の順番と本文の順番が一致している
  2. 問題の文章は本文中の言い換え表現になっている

 

TRUE-FALSE問題も、先ほどの穴埋め問題と同じく、問題の順番と本文の流れが対応しています。

言い換え表現を探すのも穴埋め問題と同じですね。

 

③ マッチング問題

 

マッチング問題とは、正しい組み合わせを選ぶ問題です。

例えば上の問題の場合、4つの発言内容があり、その下のボックスにはA〜Dの4つの名前があります。

つまり、誰がどの発言をしたのか?という正しい組み合わせを作る問題になっていますね。

 

 

マッチング問題を解くコツ
  1. 本文中から人物名を探しマークしておく
  2. 人物名の周辺を読み一致するものを選ぶ

 

マッチング問題を解く上で大切なことは、問題の順番と本文の流れは対応していないということです。

つまり、バラバラだということです。

このことを踏まえて問題を解いていく必要があります。

 

まず最初に、人物名など、マッチングさせるキーワードとなるものをマークしておきましょう。

次にキーワード周辺を読みながら、対応する発言を選んでいく形が良いでしょう。

 

④ 複数選択肢問題

 

複数選択肢問題とは、複数の選択肢の中から正しいものを一つ選ぶ問題です。

例えば上の問題の場合、4つの質問があり、それぞれにA〜Dの選択肢がありますね。

このA〜Dの中から質問に合う答えを選ぶ必要があります。

 

複数選択肢問題を解くコツ
  1. 問題の順番と本文の流れは対応している
  2. 質問文中のキーワードを本文中から探し出す

 

まず複数選択肢問題も、問題の順番と本文の流れが対応しています。

特に質問文内で、In the second paragraphのように指示がある場合が多いので、そこを参考にしましょう。

 

次に質問文の中にキーワードとなりそうなものをマークし、それに対応する言葉を本文中から探していきましょう。

その本文中の対応する部分の周辺に正しい答えが書いてあることが多いです。

 

⑤ パラグラフ一致問題

 

パラグラフ一致問題とは、各パラグラフの内容に最も一致する文章を選ぶ問題です。

例えば上の問題の場合、A〜Gまでのパラグラフの内容を最も正確に表した文章を27〜34で一致させる必要があります。

ここで注意をして欲しいのは、1つのパラグラフの説明をした文章が二つ以上ある場合もあることです。

 

パラグラフ一致問題を解くコツ
  1. パラグラフ一致問題は必ず一番最後に解く
  2. パラグラフごとに大まかな内容をメモしておく

 

まず第一に、パラグラフ一致問題はダントツで難しいです。

IELTSが得意な私でもかなり苦戦してしまいます。

時間がかかる上に、正答率も低くなりがちです。

だからこそ、一番最後に解くことをおすすめします。

それよりも、他の簡単な問題やできる問題に時間をかけるべきです。

 

次にパラグラフ一致問題を解くコツは、パラグラフごとに大まかな内容をメモしておくことです。

これは一体何について話しているパラグラフなのか?

この大体の内容が分かれば、なんとなく解くことができます。

それが難しい場合は、各パラグラフの先頭もしくは最後の一文を読むようにしましょう。

必ずではないですが、パラグラフの要約は先頭もしくは一番最後の文章に書かれていることが多いです。

 

⑥ 題名一致問題

 

題名一致問題とは、ほぼパラグラフ一致問題と同じです。

もし各パラグラフに題名を付けるなら、何になるか?を選ぶ問題です。

 

題名一致問題を解くコツ
  1. 題名一致問題は必ず一番最後に解く
  2. パラグラフごとに大まかな内容をメモしておく

 

題名一致問題も、先ほどのパラグラフ一致問題と同じく、一番最後に解きましょう。

パラグラフを読み終えるたびに、内容を軽くメモしておくのも同じですね。

 

 

 

IELTSリーディングが驚くほど伸びる3ステップ勉強法

IELTS英単語と文法の攻略

 

IELTSのリーディングの勉強には、過去問を使うのが一番いいです。

≫≫もしIELTSの過去問を持っていない人はこちらどうぞ

 

その上で、IELTSリーディングを伸ばすための勉強法です。

大きく3ステップで勉強をしていきましょう。

 

  1. 英文解釈力を付け、長文を読むことに慣れる
  2. 6つの問題タイプを理解し個別に問題を解く
  3. 時間制限なしで解く、次にスピードを上げる訓練

 

以上の3つのステップを踏むことで、驚くくらいリーディングのスコアが上がっていきます。

 

① 英文解釈力を付け、長文を読むことに慣れる

まず初めの段階として、英文解釈力を付けていきましょう。

英文解釈力とは、複雑な文章を読みこなすためのさまざまな技術のことです。

IELTSリーディングに小手先のテクニックは通用しません。

本質的な英語を読む力を付けて、はじめて点数を取ることができます。

そのために英文解釈の勉強は必須です。

 

“最高峰”の英文解釈力を付けたいなら、次の参考書がおすすめです。

≫≫英文解釈の技術100をAmazonで確認はこちら

ぼくはこの一冊をマスターしたおかげで、IELTSリーディングの点数がぐんぐん伸びていきました。

必ずやるべき勉強だと思います。

 

英文解釈力が付いてきたら、どんどんIELTSリーディングの長文を読んでいきましょう。

この時、問題を解く必要はありません。

長文を読める、理解できる、という状態を作ることが大切です。

 

② 6つの問題タイプを理解し、個別に問題を解く

6つの問題タイプをよく理解し、個別に問題を解いていきましょう。

各問題の出方をつかみ、傾向に慣れていくことが大切です。

この時、時間はいくらかけてもいいので、解ける感覚を掴んでいきましょう。

 

最初の頃は、1問解くのに30分でも、60分でも時間をかけてみてください。

解けないことには、いくら時間制限を設けても意味がありません。

まずは、時間さえかければ解ける、という段階に持っていくことが重要です。

 

③ 制限時間なしで解く、次にスピードを上げる訓練

最初から最後まで、通して問題を解いてみましょう。

この段階では、集中力を鍛えていきます。

はじめのうちはかなりシドいと思います。

しかし集中力は、鍛えれば鍛えた分だけ上がっていきます。

 

それが出来てきたら、最終仕上げとして、スピードを上げる訓練をしていきましょう。

この段階では時間制限を設け、緊張感を持って取り組んでいきましょう。

ゴールの目安として、各大問、簡単な順に15分、17分、20分を目標にしましょう。

全部で52分で解き終えられたら、素晴らしいと思います。

【関連記事】

>>IELTSリーディングで安定して高得点を取るためのコツ【攻略法】

 

 

 

IELTSリーディング勉強法のまとめ

 

本日の内容をまとめると、

IELTSリーディングは以下の3ステップで取り組みましょう。

 

  1. 英文解釈力を付け、長文を読むことに慣れる
  2. 6つの問題タイプを理解し個別に問題を解く
  3. 時間制限なしで解く、次にスピードを上げる訓練

 

この3つのステップを踏むことで、確実に力が伸びていきます。

IELTSは本当に難しいテストですが、諦めずに頑張っていきましょう。

 

その他IELTS攻略に関する人気記事!

以下の記事は、IELTSライティング「タスク1」&「タスク2」のエッセイの書き方を解説した記事です。

反響があった記事なので、ぜひ読んでみてください。

【関連記事】

≫≫【神回】IELTSライティング「タスク1」で6.5レベルのエッセイの書き方と必須知識の全て

≫≫IELTSライティング“タスク2”で(6.5以上)の高得点を取るためのエッセイの書き方

 

IELTS対策に使ったオンライン英会話スクール

以下の記事は、本格的なIELTS4技能対策ができるオンライン英会話スクールの口コミ記事です。

ぼく自身、実際に利用してみました。一人で勉強するのが不安な方におすすめです。点数保証サービスもあります。

【関連記事】

>>【体験談】IELTS対策オンライン英会話IELTS Trainer Proを受講した正直な口コミ

 

 

 

IELTSライティング特化教材|Perfect Essay

IELTSライティング攻略の全てを二冊の電子書籍にまとめました。

>>IELTSライティング Perfect Essayです。

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、

IELTSライティングに必要な情報を網羅的にまとめています。

 

期間限定、部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。