IELTSリーディングで安定して高得点を取るためのコツ【攻略法】

 

 

IELTSリーディングで高得点を取るために重要なことです。

.捨て問題を必ず作る

❷.大問の解く順番を間違えない

❸.問題へのアプローチの仕方

 

この3つを意識することで、安定して高得点が取れます。

ぼく自身(@sugueigo)IELTSテストを何回も受けてきました。

 

その中で、効果的なアプローチの仕方が見えてきました。

それが上の3つです。

 

今では6.5以上を安定して得点できています。

海外に留学するなら、6.5あれば十分ですよね。

 

以下、3つのポイントの深掘りです。

 

 

 

【攻略】IELTSリーディングで安定して高得点を取る3つのコツ

 

❶.捨て問題を必ず作ることが大切

IELTSリーディングで全問正解を目指すのはアホです。

「IELTSリーディングでは全問正解を求めないこと」

これこそが安定して高得点を取るためのコツです。

 

割り切って捨て問題を作ることが大切です。

 

IELTSリーディングでは、

時間をかけないと解けない問題があります。

一方で簡単に解けてしまう問題もあります。

 

初心者はすべての問題を解こうとして失敗します。

 

つまり、簡単に解ける問題を逃してしまうんです。

これだけはどうしても避けるべきです。

 

IELTSリーディングでは、難しい問題は全体の20%です。

40問中8問くらいが鬼問です。

しかし逆に考えれば、8問も間違えていいんです。

それでもまだ32問に正解できます。

 

この32問に時間を使って確実に正解しましょう。

鬼問題は捨てることです。

得点できる問題に集中すれば、7.0はいけます。

捨て問題も運試しで選んでおけば、まぐれもありますからね。

 

捨て問題はどれにするべき?

さて、肝心の捨て問題はどれにするべきでしょうか。

ズバリ、ぼくが選ぶ捨て問題は以下です。

 

  • パラグラフの内容とそのタイトルを一致させる問題

IELTSリーディングテストでは、パラグラフの内容とそのタイトルを一致させる問題がでます。

毎回必ず出てきました。

そして、この問題はめちゃくちゃ難しいです。

 

もちろん解けるなら解いてもOKです。

しかし、時間がかかりすぎます。

そんな訳で、ぼくはこの問題を捨て問題に指定しました。

割り切って捨て問題にすることが大切ですね。

(記号だけは適当に選んで埋めておきましょう)

 

逆に必ず正解しなきゃいけない問題は?

逆に、必ず全問正解するべき問題は以下の3つです。

  • 穴埋め問題
  • TRUE&FALSE問題
  • 人名と発言内容の一致問題

この3つの問題はめちゃくちゃ簡単です。

 

特に、穴埋め問題とTRUE&FALSE問題では、

答えとなるものが必ず本文の中に書かれています。

しかも問題の順番と答えがある本文の順番が一致しています。

 

人物名と発言内容の一致の問題も簡単です。

人名を目立つように丸で囲んでおきましょう。

すぐに答えを見つけることができます。

【関連記事】

≫≫【IELTSリーディングの攻略】問題の解き方と高得点をとるコツ

 

❷.大問の解く順番を間違えない

大問の解く順番を間違えないことが大切です。

簡単な大問を先に解き、難しい大問は最後に解きます。

 

IELTSリーディングでは全部で3つの大問があります。

これを優しい→難しいの順番で解くことが高得点のコツです。

 

 

どれが一番簡単な大問なのか?と言うと、

基本的には大問1→大問2→大問3の順番で難しくなります。

 

たまに大問2の方が大問3より難しい場合があります。

そんな時は大問1→大問3→大問2の順番で解きましょう。

 

そして、これらを見分けるコツとして、

捨て問題があるかどうか?を確認することが大切です。

 

また確実に正解できる問題がある大問から解くのも良いでしょう。

 

開始直後に大問1〜大問3までパラっと確認をしましょう。

確実に正解するべき問題がある大問は先に解きます。

捨て問題がある大問はあとに解きましょう。

 

個人の得意不得意もあると思います。

どれを捨て問題にするか?

どれを確実に得点するべき問題にするか?

練習を通して見つけていくことが大事ですね。

 

❸.問題へのアプローチの仕方

最後は問題へのアプローチの仕方です。

長文をすべて読み終えてから問題を解くべきか?

or

長文を読みながら問題を解くべきか?

についてです。

 

ぼくの答えは、

「長文を読みながら問題を解いていった方がいい」です。

 

 

なぜなら、最後まで読んでも内容を覚えていないからです。

覚えていても、結局本文に戻ることになるからです。

 

だったら最初から長文を読みつつ問題を解きましょう。

そっちの方が正確に早く問題を解くことができます。

 

つまり、

まずは問題内容を確認する→

次に問題内容を意識しながら本文を読む→

答えを見つけ出して書く→

次の問題内容を把握する→

以下繰り返し

のようにアプローチするのが一番です。

(あくまでぼくのやり方ですが。)

 

もちろん、自分に合ったやり方が大切です。

ぼくはこの方法で取り組んでいます。

 

 

 

IELTSリーディングを攻略するために大切なこと

大切なことは一発で本文の内容を理解することです。

IELTSリーディングは、問題自体はめちゃくちゃ簡単なんです。

 

本文の内容さえ理解できれば、あとは楽勝だってことです。

まあ、それができなくて苦労しているのですがね。

 

ただ嬉しいことに、英文解釈という裏技があります。

これ本当にすごいですよ。

英文解釈やれば、難しい英文でも簡単に読めるようになります。

 

まだ勉強をしたことがない方はぜひ取り組んでみてほしいです。

 

以下は、英文解釈やるなら100%おすすめの教材です。

 

ぼくはこの1冊だけを使いました。

 

 

 

IELTSライティング特化教材|Perfect Essay

IELTSライティング攻略の全てを二冊の電子書籍にまとめました。

>>IELTSライティング Perfect Essayです。

 

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、

IELTSライティングに必要な情報を網羅的にまとめています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。