【6ステップ】でエッセイを書くのが得意になる!IELTSライティング勉強法!

 

 

IELTSはとても難しいテストです。

特にライティング。

 

ぼく(@sugueigo_com)は何度もライティングに泣かされてきました。

ただそんなぼくでも、スコア6.5を超えることができました。

 

ぼくが実践した勉強法を紹介します。

 

 

いちばん効果的なIELTSライティングの勉強法!

6ステップでエッセイを書くのが得意になる勉強法!

以下の6ステップで勉強をすることで、IELTSライティングが得意になるはずです。

  1. 日本語でエッセイを書く練習をする
  2. 和文英訳の練習を毎日やる
  3. まずは50文字のエッセイを書いてみる
  4. 日本語で書いたエッセイを英訳してみる
  5. 時間を測らないで250文字エッセイを書いてみる
  6. 時間制限を設けて250文字エッセイに挑戦する

 

それぞれ詳しく解説します。

 

① 日本語でエッセイを書く練習をする

まずはじめに以下の質問に対して、日本語で600文字程度で自分の意見をまとめてみてください。

オンラインショッピングの利点と欠点はなんですか?

 

少し挑戦してみると感じると思いますが、たとえ日本語であっても、自分の意見を600文字でまとめることは中々難しいものです。

ちなみにこの600文字というのは、IELTS Task2における、250文字エッセイを日本語に変換したときの文字数の目安です。

 

このように、そもそも日本語で自分の意見をまとめられないのに、最初から英語でまとめようとするのは無理な話なんです。

だからこそ、最初は日本語でエッセイを書く練習をすることが大切なんです。

 

どんな質問でも構わないので、ぜひ日本語で文章を書く、意見をまとめる練習をしてみてください。そこからがスタートラインです。

 

② 和文英訳の練習を毎日やる

日本語でエッセイを書く練習をするのと同時に、毎日和文英訳の練習をします。

 

和文英訳の練習をするメリットは2つあります。

  1. 英訳が得意になる
  2. 語彙がより記憶に定着する

 

和文英訳をするための素材はなんでも構わないですが、できれば正しい英文のお手本が載っているものが望ましいです。

ぼくは以下の教材を使っていました。

実践IELTS英単語3500使い方

IELTS3500という英単語帳です。

英単語帳なら英文も和訳文もちゃんとしたものが載っていますので、練習素材にはぴったりです。

 

全ページ和文英訳するつもりで取り組んでみてください。100%力が付きます。

 

③ まずは50文字のエッセイを書いてみる

まずは小さいところから挑戦してみてください。

 

初めのうちは50文字エッセイでいいんです。

25文字で意見を述べる、25文字で理由を述べる

これができれば十分です。

 

エッセイはこの25文字と25文字の集まりですから、この基本すら出来ずに、いきなり250文字のエッセイを書くということ自体がおかしな話なんです。

 

50文字なら、いけそうじゃないですか?

 

④ 日本語で書いたエッセイを英訳してみる

①で日本語で書いたエッセイを英訳してみてください。

 

別に自分が書いたエッセイじゃなくても良いんです。

新聞なり、本の一部なり、長文を英訳する練習をするんです。

 

なんなら、他人のツイートでも言い訳です。

 

そしてこのときにきっと、訳すことができない文章に出会うはずです。そこが成長のチャンスです。

訳すことができない文章、単語はしっかり調べて一つ一つ潰していきます。専用のノートを作っても良いかもしれません。

 

⑤ 時間を測らないで250文字エッセイを書いてみる

時間を気にしないでエッセイを書いてみましょう。

 

まずは自分の力で250文字のエッセイが書けるということが重要です。

最初は1時間でも2時間でも3時間でも良いです。

 

「時間さえあれば自分はエッセイを書くことができるんだ!」という感覚が掴めればこっちのものです。

あとはスピードを上げていく練習をすればいいだけですからね。

 

⑥ 制限時間を設けて250文字エッセイに挑戦する

あとは実践練習をたくさんしましょう。

 

エッセイは書けば書いた数だけ上手くなります。

初めは60分、次は50分、そして40分と、徐々にタイムを縮めていけると良いです。

 

以上、これら①〜⑥のステップを踏むだけでも、大いに成長できるはずです。

あとは、実践するかしないかは自分次第です。

 

上手い人のエッセイを読む!

上手い人のエッセイを真似てみましょう。

 

エッセイが上手い人は、

  • どんなパラグラフ構成で?
  • どんな単語を使って?
  • どんな文法構造で?
  • どんな意見を書いている?

と、上手い人のエッセイを読むだけでも、1年分くらいは成長出るはずです。

その人が使っている表現をパクるのも良いでしょう。

 

次の2つの記事では、ぼくが実際に書いた6.5レベルのエッセイを載せています。

>>【神回】IELTSライティング「タスク1」で6.5レベルのエッセイの書き方と必須知識の全て

>>IELTSライティング“タスク2”で(6.5以上)の高得点を取るためのエッセイの書き方

と同時にエッセイの細かな書き方も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

IELTSエッセイの評価をワンナップさせる3つのコツ

1.キレイなパラグラフ構成でエッセイを書くこと

キレイなパラグラフ構成でエッセイを書きましょう。

 

IELTS Task2エッセイではふつう、以下の3つのパートでエッセイを構成することが望ましいです。

  • イントロダクション
  • ボディパラグラフ
  • コンクルージョン

これがしっかりできているだけでも、1スコアアップする方もいると思います。

 

逆に、ダメなエッセイの例として以下のものがあります。

  • 急に意見(メインの主張)を書き始めている
  • エッセイのまとめパラグラフがなく切れ味の悪いエッセイになっている
  • 一つのボディパラグラフ内で2つ以上のメインアイディアを述べている

これではいくら良い意見が書けていても、減点の対象になってしまいます。

 

2.トピックに関連した語彙を使うこと

トピックに関連した語彙をたくさん使いましょう。

 

例えば、【犯罪】がエッセイのテーマだったとします。

そのとき、犯罪者という英単語がいくつ思い浮かびますか。

criminal、prisoner、thief

あたりはすぐに思いつくかもしれません。

 

ただ、他にもたくさんあるんです。

culprit、offender、villain、delinquent、lawbreaker

など、調べればもっとあるかもしれません。

 

このように、同じ犯罪者という単語でもcriminal だけを多用しているエッセイより、これら上の単語で言い換えているエッセイの方がレベルが高いのは疑いがありませんよね。

しかし、闇雲に類義語を使えばいいというわけではなく、正しい文脈で適切な語彙を使うことが大切です。

 

3.様々な文法構造を持った英文を書くこと

様々な文法構造を持った文章を書いてみましょう。

 

S+V+Oの単調な英文だけではなく、

  • 関係代名詞を使った文章
  • 重文と復文
  • 仮定法を使った文章
  • 動名詞を主語にした文章
  • 接続詞のthatを取り入れた文章
  • asを使った文章

など、思いつく限り挑戦して書いてみてください。

 

練習を重ねることで、必ずできるようになります。

 

 

 

【完全無料】IELTSライティング対策講座「開催中」!

IELTSライティング攻略法を一つの講座にまとめました!

≫≫7日間のIELTS Writing Step-up 講座です。

 

【完全無料】で参加できますので、

ぜひチェックしてみてください。

 

講座内ではIELTS対策に役立つ無料プレゼント(下のebook)も用意しています。

講座の詳細は≫≫こちらのリンクから確認できます。