IELTSライティングTask2完全攻略!エッセイの書き方を全て解説

 

 
スグル
ぼくの現在のIELTSスコアは7.0です。
ライティングでも6.5を取得しています。

 

 
レオン
ライティングTask2で、6.5レベルのエッセイを書くための全知識にゃ。

 

 
スグル
今すぐIELTSライティングを完全攻略したい方は、こちらの>>IELTS Perfect Essayも確認してみてくださいね。

 

 

 

IELTSライティングTask2の問題とエッセイ構成

高得点を目指すなら、エッセイの構成を正しく理解している必要があります。

同様に、出題される問題パターンもよく理解しましょう。

 

そもそもIELTSライティングTask2とは?

IELTライティングTask2では、以下のような問題がでます。

IELTSライティングタスク2のサンプル問題


引用:https://www.ielts-exam.net

ライティングTask2では、政治、環境、お金などの分野から質問がされます。

テストでは、その質問に対して自分の意見を答える必要があります。

語数は最低でも250文字以上書く必要があります。

(”How are you” = 3文字)

 

6つの問題パターンとエッセイのタスク理解

 

IELTSライティングTask2には6つの問題パターンがあります。

6つの問題パターン

  1. 賛成か反対かを答えろ系
  2. メリットとデメリットを比較しろ系
  3. ある社会的問題の原因と解決策を書け系
  4. 対立する二つの意見を比べろ系
  5. 対立する二つの意見を比べながら自分の意見も書け系
  6. 二つの質問がされ意見を答えろ系

 

IELTSライティングTask2の問題は上のどれかに当てはまります。

 

では、次の問題はどのタイプに分類されるでしょうか。

IELTSライティングタスク2のサンプル問題

問題文をよく見てみると、

What are these problems and how could they be reduced?”

と書かれています。

 

そこから考えると、以下に該当しますね。

③ ある社会的問題の原因と解決策を書け系

 

エッセイのトピックとタスクとは?

IELTSライティングTask2のエッセイを書く上で、

問題文のトピックとタスクの違いを理解することが大切です。

エッセイのトピックとは、

質問文はどんな分野のことについて話しているか?

のことです。

たとえば上の問題の場合、、、

暴力的な映画が及ぼす社会的な問題について。

のことですね。

 

エッセイのタスクとは、

そのトピックに対してどんなエッセイを書いて欲しいのか?

のことです。

たとえば上の問題の場合、、、

どのような社会的な問題に繋がっているか書け。

またその解決策も書け。

ですね。

 

このように、エッセイのトピックとタスクを正しく理解することが大切です。

 

ライティングTask2エッセイ構成の仕方

Task2エッセイを書くときは大きく4つのパートに分けます。

  1. イントロダクション
  2. ボディパラグラフ1
  3. ボディパラグラフ2
  4. コンクルージョン

 

① イントロダクションで書くべきこと

Task2のイントロダクションでは、次の二つの文章を書きます。

  • トピックのパラフレーズ文
  • 主題文(自分のメイン主張の要約文)

 

トピックのパラフレーズ文とは、要はエッセイのトピックを言い換えた文章のことです。

質問文を言い換えれば簡単に書くことができます。

 

主題文(自分のメインの主張の要約文)とは、要はタスクに対して端的に答えた文章です。

上の方で学んだ、エッセイのタスクに対してダイレクトに答えた文章を書きましょう。

 

イントロダクションの目安は、40-50字程度です。

 

② ボディパラグラフ1で書くべきこと

ボディパラグラフではメインの主張を深堀していきます。

イントロダクションの主題で、自分の意見を要約した文章を書いたと思います。

その文章の内容について、細かく説明していくところです。

 

ボディパラグラフ1の目安は、90-100字程度です。

 

③ ボディパラグラフ2で書くべきこと

ボディパラグラフ2も同様に、メインの主張を深掘りしていきます。

ボディパラグラフ1で説明しきれなかった、反対意見や二つ目の理由など、詳しく書いていきます。

具体例などもボディパラグラフ内で展開していきます。

 

目安は同様に90-100字程度です。

 

④ コンクルージョンで書くべきこと

コンクルージョンではエッセイ全体の要約をします。

このとき、主題文を再度言い換えるのもありです。

ボディパラグラフそれぞれのメイン主張を要約するのもありです。

 

目安は、30-40字程度です。

 

 

このように、まずは構成に沿ってエッセイを書けるようにしましょう。

 

エッセイの書き方やルールについて、

更に詳しく知りたい方は、>>IELTSライティング Perfect Essayも確認してみてくださいね。

 

 

 

Task2エッセイを書き始める前にするべきこと

IELTS Task2エッセイを書き始める前に、大切な2つのことがあります。

 

  1. トピックとタスクを正確に理解する
  2. エッセイのアウトラインを決める

 

今回も下の問題を例にしていきます。

 

①:トピックとタスクを正確に理解する

エッセイのトピック文を見てみると、

暴力的な映画は深刻な社会的問題を引き起こしている。

とあります。

なのでこのエッセイのトピックは、

暴力的な映画とその影響についてであることが分かります。

 

次にエッセイのタスク文を見てみると、

どんな社会的な問題が引き起こされているのか?

また、

それらを解決すにはどうすればいいか?

とあります。

したがってこのエッセイのタスクは、

具体的な社会的問題とその解決策を書くことであることが分かります。

 

 

かなりしつこくやっています。

エッセイのトピックとタスクを理解することは非常に重要だからです。

 

 

②:エッセイのアウトラインを決める

このエッセイでは、全部で4つのパラグラフで構成します。

 

イントロダクション

(1)トピックのパラフレーズ文→

質問文を言い換えて書ければOK

 

(2)主題文→

タスク文章に対してダイレクトに答えた文章が書ければOK

 

ボディパラグラフ1

(1)トピックセンテンス→

暴力的な映画が引き起こす社会的な問題の実例を考えます、などと書ければOK

 

(2)サポートセンテンス→

具体的な問題をいくつか上げ、それがどう引き起こされているのか説明する

 

ボディパラグラフ2

(1)トピックセンテンス→

暴力的な映画によって引き起こされる社会的な問題を解決する方法にいついて考えます、などと書ければOK

 

(2)サポートセンテンス→

具体的な解決策をいくつか上げ、自分の経験なども含めて良い

 

コンクルージョン

(1)エッセイ全体の要約→

暴力的な映画によって引き起こされる問題と解決策について端的にまとめられたらOK

 

 

このように、全体のアウトラインを決めることが大切です。

ブレがない論理的なエッセイを書くことができす。

 

 

ここにある情報だけでも十分ですが、

>>IELTSライティング Perfect Essayでは、更に細かく、全タイプのエッセイの書き方を解説していきます。

読むだけで、3年分成長できる内容になっていますので、ぜひどうぞ。

 

 

 

実際にIELTSライティングTask2エッセイを書いてみよう!

スコア6.5レベルのエッセイを一緒に書いてみましょう。

 

IELTSライティングタスク2のサンプル問題

イントロダクションを書こう

イントロダクションでは次の二つの文章を書く必要がありましたね。

  • トピック文を言い換えた文章
  • 主題文(自分のメイン主張の要約文)

 

まずはトピック文の言い換えです。

(トピック文)Many people believe that high levels of violence in films today are causing social problems.

(パラフレーズ文)More and more people are worrying that excessive violent scene shown in films has been causing serious social concerns. 

 

パラフレーズをする5つのコツ

  1. 名詞や動詞を同じ意味を持つ単語に変える
  2. 単語の順番を入れ替えて語順を変える
  3. 受動形を能動形にしたりその逆もしかり
  4. 二重否定を作ることで同じ意味の文章を作る
  5. 上の全部をミックスして自分なりの言い換えを作る

 

次に主題文を作っていきます。

(主題文)In this essay, I would highlight a few social-related problems triggered by watching extremely violent movies and suggest some solutions for these issues.

 

このような感じでいいですね。

 

ボディパラグラフ1と2の書き方

主題文とは、エッセイ自体の地図のようなものです。

 

一方で、各パラグラフの地図は何かというと、

それがトピックセンテンスです。

 

トピックセンテンスとは、これからこのパラグラフでは何について話すのか?を明確にする文章のことです。

1つのパラグラフにつき1つのトピックセンテンスが鉄則です。

 

① ボディパラグラフ1を書く

(トピックセンテンス)To begin with, one of the serious effects of watching high levels of violent films frequently is that it might ruin the sympathetic emotion of humans and change kind personalities into aggressive ones. (サポートセンテンス) It is general that not only children but also even adults shape their personalities based on what they see and listen to. Consequently, there would be many people who are lack empathy, and this really matters for society. Another worrying trend is that some people can stop helping themselves associate reality with films. So, those who enjoy murderous action movies tend to think that they can hurt or kill bud guys like heroes in the movies and might actually take action. This trend leads to a huge tragedy.

 

トピックセンテンスの部分を赤くしました。

それ以下の文では、サポートセンテンスが続いています。

 

② ボディパラグラフ2を書く

(トピックセンテンス)It is crucial to consider some possible solutions to tackle these issues. (サポートセンテンス)One of the most effective ways of dealing with the problems is to regulate the films not to reach undesirable consumers especially those aged under 18 or even 25. By doing so, we can protect young people who are more vulnerable to violent films from being violated. This would bring less damage to society. Next, it is important to educate people, particularly children, to make them realize that violence is a dangerous and heavy crime in the real world. 

 

ボディパラグラフ2では解決策について書きました。

2行目以降では、具体的な解決策とその効果について述べています。

 

コンクルージョンを書こう

コンクルージョンで書くべきことは次です。

  • エッセイ全体の要約

今回は、トピックの再確認をしつつ解決策について簡潔にまとめます。

In conclusion, the influence of watching excessive violent scene in films is much larger than we expect and it sometimes triggers severe social problems. To combat these issues, it is useful to regulate the movies and educate people on how to manage them.

 

コンクルージョンで大切なことは、エッセイの要点を主題と違う表現で書くことです。

このとき、新しいアイディアや主張を含めてはいけません。

【関連記事】

>>IELTSライティング「Task1」6.5レベルエッセイの書き方と必須知識の全て

 

最後に余裕があったら見直しをしよう

以下が、今回完成したエッセイです。

 

 More and more people are worrying that excessive violent scene shown in films has been causing serious social concerns. In this essay, I would highlight a few social-related problems triggered by watching extremely violent movies and suggest some solutions for these issues.

 To begin with, one of the serious effects of watching high levels of violent films frequently is that it might ruin the sympathetic emotion of humans and change kind personalities into aggressive ones. It is general that not only children but also even adults shape their personalities based on what they see and listen to. Consequently, there would be many people who are lack empathy, and this really matters for society. Another worrying trend is that some people can stop helping themselves associate reality with films. So, those who enjoy murderous action movies tend to think that they can hurt or kill bud guys like heroes in the movies and might actually take action. This trend leads to a huge tragedy.

It is crucial to consider some possible solutions to tackle these issues. (サポートセンテンス)One of the most effective ways of dealing with the problems is to regulate the films not to reach undesirable consumers especially those aged under 18 or even 25. By doing so, we can protect young people who are more vulnerable to violent films from being violated. This would bring less damage to society. Next, it is important to educate people, particularly children, to make them realize that violence is a dangerous and heavy crime in the real world. 

In conclusion, the influence of watching excessive violent scene in films is much larger than we expect and it sometimes triggers severe social problems. To combat these issues, it is useful to regulate the movies and educate people on how to manage them.

 

見直すときのポイント

  • タスクをきちんと達成できているか?
  • パラグラフのつながりや、文章は自然か?
  • ちゃんと150文字以上書けているか?
  • 同じ単語や同じ文法構造が繰り返し使われていないか?
  • スペリングや文法は正しい?

 

 

以上、IELTSライティングTask2で6.5レベルのエッセイの書き方でした。

【関連記事】

>>IELTSライティングTask1&Task2全体タイプエッセイの書き方と7.0レベルエッセイの回答例まとめ

 

 

 

たった一晩でIELTSライティングを完全攻略する方法

IELTSライティングTask2では、さまざまなタイプの問題がでます。

 

そこで、全ての問題に対応できるように、

Task2全タイプエッセイの書き方をまとめました。

 

それこそ、

>>IELTSライティング Perfect Essayです。

 

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、IELTSライティング攻略に必要な、

全ての情報を網羅的にまとめています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。