IELTSライティング「Task1」6.5レベルエッセイの書き方と必須知識の全て

 

 

 

 
スグル
ぼくの現在のIELTSスコアは7.0です。
ライティングでも6.5を取得しています。
 

 

 
レオン
ライティングTask1で、6.5レベルのエッセイを書くための全知識にゃ。

 

 
スグル
今すぐIELTSライティングを完全攻略したい方は、こちらの>>IELTS Perfect Essayも確認してみてくださいね。

 

 

 

IELTSライティングTask1-エッセイの構成

スコア6.5以上を目指すなら、エッセイの構成を正しく理解している必要があります。

ここでは、Task1で高得点を取るための構成を詳しく解説します。

 

そもそもIELTSライティングTask1とは?

IELTSライティングTask1では次のような問題がでます。


※引用:https://www.ielts-exam.net/academic_writing_samples_task_1/996/

IELTSライティングTask1では、グラフや表が出題されます。

テストでは、その情報を分かりやすく要約することが求められます。

語数は最低でも150文字以上書く必要があります。

(”How are you” = 3文字)

 

IELTS Task1エッセイの構成

IELTSライティングTask1に限らず、ふつうエッセイを書くときは大きく3つのパートに分けます。

  1. イントロダクション
  2. ボディパラグラフ
  3. コンクルージョン

 

① イントロダクションでは、エッセイ全体の要約文を書きます。

これはIELTSライティングTask1で高得点を取るために重要なことです。

IELTSライティングTask1の場合は、問題文の言い換えとグラフや表全体の傾向を述べます。

 

② ボディパラグラフでは、エッセイのメイン主張を述べます。

1つのパラグラフにつき、1つのトピックを論じるのが常識です。

IELTSライティングTask1の場合は、グラフや表の詳細情報を書いていきます。

 

③ コンクルージョンでは、再度エッセイ全体の要約文を述べます。

IELTSライティングTask1では、コンクルージョンを書く必要はありません。

 

 

まとめると!

まとめるとIELTSライティングTask1の場合、エッセイの構成は次のようになります。

◉ イントロダクション

  • トピックを紹介する文章1文(問題文の言い換え-パラフレーズ)
  • グラフや表全体の特徴や傾向を述べる文章1文

◉ ボディパラグラフ1

  • グラフや表を2分割したうちの前半の情報をまとめる
  • 全体で3〜4文程度を目安にかく

◉ ボディパラグラフ2

  • グラフや表を2分割したうちの後半の情報をまとめる
  • 全体で3〜4文程度を目安にかく

 

 

エッセイの構成3つのパターン

IELTSライティングTask1では、エッセイの構成に3つのパターンがあります。

 

◉パターン1

  1. イントロ(トピックの紹介+全体の傾向)
  2. ボディパラ1(グラフ前半の詳細情報)
  3. ボディパラ2(グラフ後半の詳細情報)

 

◉ パターン2

  1. イントロダ(トピックの紹介)
  2. ボディパラ1(グラフ前半の詳細情報)
  3. ボディパラ2(グラフ後半の詳細情報)
  4. コンクルージョン(全体の傾向)

 

◉ パターン3

  1. イントロ(トピックの紹介+全体の傾向)
  2. ボディパラ1(グラフ前半の詳細情報)
  3. ボディパラ2(グラフ後半の詳細情報)
  4. コンクルージョン(最後全体の傾向)

 

 

Task1のエッセイを書くときは、上のどれかに当てはめて書きます。

どのタイプを使っても良いですが、パターン1が一番おすすめです。

 

 

もっと詳しいノウハウを学びたい方は、

ぜひ>>IELTSライティング Perfect Essayを確認してみてくださいね。

ここでは言えないことがたくさん書かれています。

 

 

 

実際にIELTSエッセイを書く前にするべきこと

IELTS Task1エッセイを書き始める前に、大切な2つのことがあります。

 

  1. トピックの理解と分析(グラフの理解)
  2. エッセイのアウトラインを決める

 

それぞれ解説していきます。

 

①:トピックの理解と分析(グラフの理解)

トピックの理解と分析をするときに大切な考え方は3つあります。

 

  1. 説明文からグラフや表を理解する
  2. グラフの横軸、縦軸、単位などをよく確認する
  3. どの時制で書くのが適切かをよく確認する

 

具体例として、以下の問題を例にとって理解と分析をしてみましょう。

 

① 説明文からグラフや表を理解する

まずは説明文をよく読んでみます。

“下記のグラフは2000年から2050年にかけての、インドと中国における人口数の変化を表している”

と説明しています。

 

紫の線がインドの人口の変化を表しています。

ピンクの線が中国の人口の変化を表していますね。

 

② グラフの縦軸、横軸、単位などをよく確認する

グラフの縦軸は何を表しているでしょうか?

人口の総数を表していますね。

 

グラフの横軸は何を表しているでしょうか?

年代を表していますね。2000年から2050年です。

 

グラフの単位はどうなってるか?

縦軸の単位は10億(billions)ですね。

 

② どの時制で書くのが適切かをよく確認する

    グラフの横軸を確認してみます。
    2000年から2050年ですので、過去、現在、未来、全ての時制を使う必要がありますね。

 

このようにまずは、グラフをしっかりと理解することが大切です。

タスクレスポンスという評価項目で高い点数を狙えます。

 

さらに詳しいグラフ分析について知りたい方は、

>>IELTSライティング Perfect Essayの方もよろしくお願いします。

 

 

②:エッセイのアウトラインを決める

次はエッセイのアウトラインを決めていきます。

考えることは二つだけです。

  1. いくつのパラグラフでエッセイを構成するか?
  2. 各パラグラフには何を書くべきか?

 

 

先ほどと同様に、以下の問題を例にみていきましょう。

 

① いくつのパラグラフでエッセイを構成するか?

まず、グラフの情報を前半と後半に2分割します。

  1. 過去から現在
  2. 現在から未来

の2つのグループに分けられそうです。

 

あとは、イントロダクションは必ず書きます。

したがって今回は、3つのパラグラフで構成できそうです。

※IELTSライティングTask1の場合、基本的には3つのパラグラフで構成が一番おすすめです。

 

② 各パラグラフには何を書くべきか?

イントロダクションに書くべきこと。

  • グラフ説明文を言い換えた文章
  • グラフ全体の傾向を簡単に要約した文章

 

ボディパラグラフ1に書くべきこと。

インド中国の過去から現在までの人口の変化

 

ボディパラグラフ2に書くべきこと。

インド中国の現在から未来までの人口の変化

 

このように、大まかにエッセイのアウトラインを決めちゃいましょう。

 

もしIELTSライティングTask1全てのタイプの

エッセイの書き方を知りたい方は、

>>IELTSライティング Perfect Essayで詳しく解説しています。

 

 

 

実際にIELTSライティングTask1エッセイを書いてみよう!

スコア6.5レベルのエッセイを一緒に書いてみましょう。

 

イントロダクションを書こう

イントロダクションでは次の二つの文章を書く必要がありましたね。

  • グラフ説明文を言い換えた文章
  • グラフ全体の傾向を簡単に要約した文章

 

まずは説明文の言い換えです。

言い換えのことは、パラフレーズとも言いますね。

 

(グラフの説明文)The graph below shows population figures for India and China in the year 2000 and predicted population growth up until 2050.

(パラフレーズ文) The line chart compares the change in the amount of population in two countries, India and China, from 2000 to predicted 2050. 

 

うまく言い換える5つのコツ

  1. 名詞や動詞を同じ意味を持つ単語に変える
  2. 受動形を能動形にしたりその逆もしかり
  3. between を from..to~に変える
  4. 数の表し方を割合から量に変えたりする
  5. 上の全部をミックスして自分なりの言い換えを作る

 

次にグラフ全体の傾向を述べた文章を作っていきます。

(要約文)Overall, the population in India has been increasing dramatically and is expected to grow at the same pace until 2050, while China will see its peak in 2025 and then begin to decline.

 

グラフ全体の傾向をかくときは、具体的な数字や単位は含めません。

上のように、大まかにサクッと書くことが大切です。

 

ボディパラグラフ1と2の作り方

ボディパラグラフは大きく分けて2つの要素から構成されています。

(1)トピックセンテンス:

何について述べていくのかを端的に表した文章。

(2)サポートセンテンス:

トピックセンテンスの内容を細かく説明した文章。

 

ただし、IELTSライティングTask1に関しては、グラフや表の詳細情報をまとめていくことになります。

 

詳細情報をまとめていく際に、大切なことは二つあります。

  1. 重要と考えられる特徴を選ぶこと
  2. データをグルーピングすること

 

つまり、次のような特徴をグルーピングして書くことが大切です。

  • 似たタイプの傾向を持つもの
  • 正反対の傾向を持つもの
  • ある時点で急に増加or減少しているもの
  • 最高値or最低値を記録したもの
  • 一番大きなor小さな数字のもの
  • 全く変化していないもの

 

ボディパラグラフ1

(トピックセンテンス)From 2000 to 2025, there were and will be more people living in China than in India. (サポートセンテンス)In 2000, the number of the Chinese population was 1.25 billion, while India’s population was about 1.00 billion. From 2000 to the present, China saw a small rise in its citizens by 0.1 billion hittings over 1.40 billion and in 2025 China will experience its peak at 1.45 billion. On the other hand, over the same period, India’s population had increased drastically, closing to approximately 1.40 billion in 2025.

ボディパラグラフ2

(トピックセンテンス)Between 2026 and 2050, it is expected that more Indian people will be living in the world than Chinese people. (サポートセンテンス)In 2031, the Indian population will overtake the Chinese population for the first time in 1.46 and 1.45 billion respectively. After this, although China’s population will fall gradually, India’s population is predicted to rise radically reaching 1.60 billion in 2050.

【関連記事】

>>IELTSライティング“タスク2”で(6.5以上)の高得点を取るためのエッセイの書き方

 

最後に余裕があったら見直しをしよう

以下が完成したエッセイです。

 The line chart compares the change in the amount of population in two countries, India and China, from 2000 to predicted 2050. Overall, the population in India has been increasing dramatically and is expected to grow at the same pace until 2050, while China will see its peak in 2025 and then begin to decline.

 From 2000 to 2025, there were and will be more people living in China than in India. In 2000, the Chinese population was 1.25 billion, while India’s population was about 1.00 billion. From 2000 to the present, China saw a small rise in its citizens by 0.1 billion hittings over 1.40 billion and in 2025 China will experience its peak at 1.45 billion. On the other hand, over the same period, India’s population had increased drastically, closing to approximately 1.40 billion in 2025.

 Between 2026 and 2050, it is expected that more Indian people will be living in the world than Chinese people. In 2031, the Indian population will overtake the Chinese population for the first time in 1.46 and 1.45 billion respectively. After this, although China’s population will fall gradually, India’s population is predicted to rise radically reaching 1.60 billion in 2050.

 

もしエッセイを書き終わり、時間に余裕があったら以下のことを見直してみてください。

  • タスクをきちんと達成できているか?
  • パラグラフのつながりや、文章は自然か?
  • ちゃんと150文字以上書けているか?
  • 同じ単語や同じ文法構造が繰り返し使われていないか?
  • スペリングや文法は正しい?

 

以上、IELTSライティングTask1で6.5レベルのエッセイの書き方でした。

【関連記事】

>>IELTSライティングTask1&Task2全体タイプエッセイの書き方と7.0レベルエッセイの回答例まとめ

 

 

 

たった一晩でIELTSライティングを完全攻略する方法

IELTSライティングTask1では、さまざまなタイプのグラフが出題されます。

 

そこで、全ての問題に対応できるように、

Task1全タイプエッセイの書き方をまとめました。

 

それこそ、

>>IELTSライティング Perfect Essayです。

 

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、IELTSライティング攻略に必要な、

全ての情報を網羅的にまとめています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。