IELTSエッセイが書けない原因3つと上達するコツ

 

 

IELTSエッセイが書けない原因は、難しく考えすぎてしまうことです。

 

いきなりエッセイを書き出してしまうことです。

エッセイのテンプレを理解していないことす。

 

これらがIELTSエッセイが書けない原因です。

 

 
Leon
この記事を読めば、エッセイが得意になります。
 
 
Suguru
悪いネコに騙されないでくださいね。
 
 

IELTSエッセイが書けない3つの理由

エッセイで書く内容を難しく考えすぎている

多くの方が難しい意見を書かないとダメだと思い込んでいます。

 

鋭い主張をしなければ、高得点にはつながらないと。

確かに一理あります。

 

しかし本当は、ありきたりな意見でいいんです。

 

別にシャープな意見を書く必要はないんです。

 

きっと多くの方はIELTS OA6.5を目指していると思います。

まずはそこを目指したエッセイ作りをしていくことが大切です。

 

別に、7.0を目指せば良いわけではないですからね。

むしろ考えすぎるあまり、時間がなくては意味がありません。

 

これはライティングTask1でも同じです。

多くの方はキレイにパラフレーズをしようとするあまり、時間をかけ過ぎてしまいます。

 

これは絶対にNGです。

本当は簡単に言い換えるだけでOKなんです。

 

だから本日からは難しく考えることはやめましょう。

思いつくことを簡単に書いてみる練習をしてみましょう。

 

 
Leon
難しい意見は書かずに、ありきたりな意見を書こう!

 

書くべきことを頭の中でまとめられていない

急にエッセイを書き始めてしまうのもダメです。

 

プランなしにエッセイを書くことは無謀です。

地図を持たずにゴールを目指すのと同じです。

 

時間がもったいないという気持ちは分かります。

しかし最初の5分間でも、プランニングした方が良いです。

ずっと早くエッセイを書き終えることができます。

 

エッセイを書く前に、自分は何を書けばいいのか?を一旦整理してみることです。

 

例えば、ライティングTask1の場合、

  • グラフ上のどの部分を説明すればいいのか?
  • どことどこを比べればいいのか?
  • どこは言及して、どこは言及するべきではないのか?

 

を事前にじっくりと把握することが大切です。

 

そうすることで、迷わずにエッセイを書き終えることができます。

実は、英語力は大きな問題ではないのです。

IELTSエッセイは、考え方のほうが100倍大切です。

 

 
Suguru
エッセイを書く前に、書くべきことを整理しよう!

 

IELTSエッセイのテンプレートをよく理解していない

テンプレートを理解していないとエッセイは書けません。

 

エッセイのテンプレートとは、エッセイの型のことです。

全てのIELTSエッセイには、型が存在します。

 

例えば、ライティングTask2の場合、

  • イントロダクション
  1. 書き出しセンテンス
  2. パラフレーズ文と主題
  • ボディパラグラフ1
  1. トピックセンテンス
  2. サポートセンテンス
  3. ディーテイルセンテンス
  • ボディパラグラフ2
  1. トピックセンテンス
  2. サポートセンテンス
  3. ディーテイルセンテンス
  • コンクルージョン
  1. 主題のリパラフレーズ
  2. ホープセンテンス

 

エッセイの型はこのようになっています。

 

最低限、この型に当てはめて書きましょう。

これだけで5.5以上はふつうに取ることができます。

 

あとは語彙力と文法の問題です。

そこさえクリアできれば、6.0以上は硬いです。

 

この型についてもっと詳しく理解し方は、

>>IELTSライティング Perfect Essayをチェックしてみてください。

 

 
Leon
エッセイのテンプレートに当てはめて書こう!
 
 

 

IELTSエッセイがすぐに上達する簡単なコツ3選

エッセイの評価が上がる3つのコツを紹介していきます。

 

最低限、エッセイの論理性を意識する

明らかに、論理立っていないエッセイは避けるべきです。

 

論理立っていないエッセイとは、主張内容にブレがあるエッセイのことです。

 

つまり、「A」を説明しているのに、急に「B」登場するエッセイのことです。

 

例えば、「りんごは甘い」という主張をしているのに、急に「果物の栽培は難しい」という主張がでてきてはおかしいです。

 

エッセイの論理性はIELTSの重要評価項目です。

最低限の論理性を保てないエッセイは大きく減点されます。

 

最低限の論理性とは、たとえば次のようなものです。

  1. くだものは甘いです。
  2. りんごはくだものです。
  3. つまり、りんごは甘いです。

 

AはCである、BはAである、つまりBはCである論法です。

 

論理的なエッセイの書き方については、>>こちらちらの記事も参考にしてみてください。

 

 
Leon
最低限、エッセイの論理性は保とう!

 

同じ英単語、文法表現は繰り返し使わない

同じ語彙・フレーズは2回以上は使わないことです。

 

IELTSエッセイでは、一度使った英単語は常に言い換えるということが大切です。

 

最低、同じパラグラフ内で同じ表現を2回以上使うことは避けましょう。

 

例えば犯罪者がテーマのエッセイを書く場合、

「Criminal」ばかり使うのは避けましょう。

その代わりoffender, culprit, lawbreaker」などで言い換えます。

 

「Job」も同じです。

類義語として「Occupation, Profession, Career」などがあります。

 

1つの英単語につき、3つ以上はストックを持っておきたいです。

 

 
Suguru
一度使った英単語は、必ず言い換えよう!
 

単文、重文、複文を混ぜ合わせてエッセイを書こう

単文とは、S+V+O(C)で成り立つ基本的な文章のことです。

 

一方、重文とは、単文と単文を等位接続詞でつないだ文章のことです。

等位接続詞とは「and, but, or, nor, for, yet, so」のことでしたね。

つまり、S+V+O(C), and S+V+O(C) のような構造の文章を重文と言います。

 

最後に、複文とは、単文と従属節を従位接続詞でつないだ文章のことです。

従位接続詞とは「although, while, whereas, though」のことでしたね。

つまり、S+V+O(C), although S+V+O(C) のような構造になります。

 

なるべくこれらの文章を混ぜ合わせましょう。

これだけでエッセイの文法レベルは高く見えます。

 

単文、重文、複文をもっと詳しく理解したい方は、>>IELTSライティング必須英文法-完全理解をチェックしてみてくださいね。

 

 
Leon
単文、重文、複文を混ぜ合わせてエッセイを書こう!
 
 
 

IELTSエッセイが書けない原因まとめ

IELTSエッセイが書けない理由は、次の3つです。

  1. 良い意見を書こうと難しく考えすぎてしまうこと
  2. エッセイを書く前に、自分が書くべき内容を整理できていないこと
  3. IELTSエッセイのテンプレートよく理解していないこと

 

また、次の3つ意識するだけでエッセイを上達できます。

  1. 最低限、エッセイの論理性を保つこと
  2. 一度使った英単語は必ず言い換えること
  3. 単文、重文、複文を混ぜ合わせてエッセイを書くこと

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

たった一晩でIELTSライティングを完全攻略

IELTSライティングでは、様々なタイプの問題がでます。

 

そこで、全ての問題に対応できるように、

全タイプのエッセイの書き方をまとめました。

 

それが、

>>IELTSライティング Perfect Essayです。

 

 

本教材では、

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの型とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、IELTSライティング攻略に必要な、

全ての情報を網羅的にまとめています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは>>こちらのリンクからどうぞ。

 

 

 
Leon
ありがとうございました。にゃ。
 
 
Suguru
ツイッターもやってます。
@sugueigo_com
IELTS勉強法も発信してるよ〜。