最速でIELTS6.5を卒業するためのスコア戦略!

 

 

海外の大学に進学したり、一部大学院へ進んだり、

そのために必要なIELTSスコアはOA6.5です。

 

IELTS OA6.5を持っているだけで、

海外へ出たときの可能性はうんと広がります。

 

英語圏に限らず、ヨーロッパへ行く場合も、

OA6.5がカギとなってきます。

(ぼく自身がそうでした。)

 

そこで本日はOA6.5というスコアにもっと注目し、

その正体と、最短でOA6.5を卒業するための戦略をお話していきます。

 

 

IELTS OA6.5とは|どのくらい難しいの?

すでにご存知の方も多いかと思いますが、OA6.5というスコアを今一度解説しますね。

ちなみに”OA”とは、”オーバーオール”の頭文字を取ったものです。

 

IELTS OA6.5とは?

IELTSテストは9点満で表され、4つの科目の平均点を四捨五入したものがオーバーオールスコアになります。

例えば、次のような場合、

  • リスニング7.0
  • リーディング6.5
  • ライティング5.5
  • スピーキング6.0

7.0+6.5+5.5+6.0=25.5点

25.5/4=6.375

6.375を四捨五入して、6.5。

よってオーバーオールスコアは6.5になります。

簡単に言ってしまえば、4科目の合計で25点以上取れれば、オーバーオールスコアは6.5になるということです。

 

IELTS OA6.5はどのくらい難しいか?

結論から申しますと、OA6.5は難しいです。

英語がある程度できる方でも、そう簡単には届かない印象です。

いうならば、TOEICで900点を超えていても、OA6.5に届かない人の方が多いです。

 

IELTSでOA6.5に届くためには、全ての科目で平均6.25以上取る必要があります。

IELTS受験者全体の平均点が5.7くらいですから、この差は結構大きいものです。

 

特にIELTSはSとWがかなり難しいため、この2つで6.5以上は上級者であっても中々取れません。

ライティングに関しては、3.0や4.0といった点数は普通に出ます。

 

したがって、ぐんと英語力を伸ばし、ガッツリ対策をしない限り、OA6.5突破は難しいと言えるでしょう。

本当はもっと細かく解説したいところですが、それでは本記事の趣旨とはズレてしまいますので、IELTSの難しさについてはこの辺にしておきます。

もし気になる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

>>【IELTSテストの難しさ】英検やセンター試験と比べてどのくらい難しいのか

 

以上の話を踏まえて、最速でOA6.5卒業を目指すための、スコア戦略を話していきますね。

 

 

 

最速でIELTS6.5を卒業するスコア戦略

いちばん現実的な話です。

最速でIELTS OA6.5突破を目指すならば、各科目、以下のスコアを目指します。

  • リスニング:6.5
  • リーディング:6.5
  • ライティング:6.0
  • スピーキング:6.0

 

このスコア圏であれば、誰でも努力をすれば必ず届く範囲だからです。

 

そしてこのスコアを目指す理由は、大きく2つあります。

  1. 全セクション6.0以上が必須条件の大学が多い
  2. 高得点を目指すにつれ難易度は劇上がり

 

それぞれ見ていきますね。

 

全セクション6.0以上が必須条件の大学が多い

まず初めに、そもそもIELTS OA6.5を目指す理由は、海外の大学に進学するためのはずです。

そして海外の多くの大学では、IELTS OA6.5(全セクション6.0以上)が入学の基準になっています。

 

つまりOA6.5を取れたとしても、1科目でも5.5があれば、入学を許されないということです。

確かに中には、OA6.5さえ取れていればOKな大学もありますが、選択肢はぐんと狭まります。

 

自分の選択肢を狭めないためにも、どうせならOA6.5(全セクション6.0以上)は取っておきたいものです。

 

したがって、難しいライティングとスピーキングは6.0ギリギリを目指し、リスニングとリーディングで6.5を取ってカバーをするという形です。

これで全科目の平均点が6.25になり、四捨五入で6.5に届く寸法です。

 

高得点を目指すにつれて難易度は劇上がり

そしてこのスコアを目指すもう一つの理由は、リスニングやリーディングで7.0以上を目指すのは少し現実的ではないからです。

 

例えば、ライティングとスピーキングで5.5でも、リスニングとリーディングで7.0であれば、OAスコアは6.5になります。

ただ、この7.0というのが、また別の話になってきます。

 

リスニングで6.5を取るのであれば、40問中、26問正解すればOKです。

つまり、14問も間違えていいいんです。

 

しかし7.0を目指すのであれば、40問中、30問正解しなければいけません。ライティングにおいても同様です。

ただでさえ内容が難しいテストで、この正答数を目指すのはかなり大変です。それも同時にです。

まぐれで片方が7.0を超えても、両方7.0を安定させるのは至難です。相応の努力と時間がかかります。

つまり、難易度が劇上がりするんです。

 

したがって、ひとまず海外の大学の合格基準を満たすために、一旦は以下のスコアを目指すのが一番現実的だと言えます。

  • リスニング6.5
  • リーディング6.5
  • ライティング6.0
  • スピーキング6.0

 

そして合格した上で、趣味でスコアアップを目指していければいいのかなと思います。

 

 

 

IELTS OA6.5を突破するために必要な勉強量とは?

では最後に、OA6.5を目指す上で、必要な勉強量について話していきます。

 

甘い言葉なしに、かなり現実的なことをぶっちゃけますね。

IELTS OA6.5突破に必要な勉強量について、先日こんなツイートをしました。

 

つまり一言でまとめますと、

高校英語をしっかり理解している状態で、1年間びっちり対策をして、やっとOA6.5(全セクション6.0)に届くイメージだということです。

勉強量にして言えば、800時間といった所でしょうか。

 

ただこれはあくまでぼくの場合です。

平均的な高校卒業程度の英語力を持った人の話です。

 

もっと要領が良かったり、すでに高い英語力を持っているのなら、もっと早く到達できるでしょう。

 

ただ一つ強調したいことは、

OA6.5は決して簡単なことではないですが、正しく対策をし正しく学べば、必ず到達できる数字だということです。

 

【関連記事】

>>IELTSで6.5を取るために必要な勉強量は?対策法も詳しく紹介!

 

 

 

最速で↑↑OA6.5卒業を目指す方法論+α

ぼくのIELTS学習の全てを一つの>>メール講座にまとめました。

 

その名も、最速でOA6.5を卒業するための方法論+αです。

ぼくがこれまで行ってきた勉強法を中心に、最速でIELTSを突破するための考え方、戦略、マインド、学習講座など、文字通り必要な知識を全てまとめました。

 

登録してくださった方には、豪華特典も用意していますので、ぜひチェックして見てくださいね。

全ての内容を完全無料で読むことができます。

詳しくは>>こちらのリンクから確認してみてくださいね。

 

 

 
Leon
ということで、本日は以上ですにゃん。
 
Suguru
ツイッターも更新してます。
@sugueigo_com
フォローしてくださると、
飛んで喜びます。