【IELTS初心者へ】初受験でスコア5.5取るための勉強法と攻略法の全て【保存版】

 

 

どうも、

英語ブロガーのスグル(@sugueigo)です。

 

 

“IELTS初心者”に向けてこの記事を書きました。

 

IELTSってどんなテストなの?

◉ テストの形式と問題内容はどんな感じ?

◉ IELTS初心者が初受験で5.5は取れるの?

◉ 勉強法や攻略法は?

 

初受験で5.5取るための勉強法と攻略法の全てがわかります。

 

 
スグル
ぼくの現在のIELTSスコアはOA7.0です。
 
レオン
IELTS7.0は日本人には中々いないにゃ。
 
 
 

IELTSテストの基本情報

 

 
スグル
IELTSとは、英語力を証明するためのテストです。
 
レオン
IELTSで海外留学や移住の夢が叶うにゃ。

 

IELTSテストとは

IELTSとは、

International English Language Testing Systemの略です。

今一番注目されている英語能力の証明テストです。

世界中で毎年300万人以上が受験しています。

海外留学や、移住・就職に役立ちます。

 

IELTSテストには、2つのタイプがあります。

アカデミックとジェネラルです。

留学希望者はアカデミックを受けます。

就職や移住希望者はジェネラルモを受けます。

アカデミックの方が少し難しいです。

 

 
スグル
海外で活躍したいならIELTSは必須です。

 

IELTSを受験することのメリット

IELTS受験にはメリットがたくさんあります。

  • 英語力が格段に上がる
  • 海外の大学に進学できる
  • 就職ビザがおりやすくなる
  • 永住権の申請につながる

 

ぼく自身、海外の大学に合格しました。

 

 
スグル
本気で、IELTSで人生は変えられます。

 

IELTSテストの形式

IELTSテストの内容です。

英語の、4技能をみます。

試験の種類 試験時間 試験内容
ライティング 60分 エッセイが二つ
リーディング 60分 大問3つ全40問
リスニング 30分+10分間の記入時間 大問4つ全40問
スピーキング 13〜15分 3つのパート

詳しい試験の内容は、次の見出しで紹介します。

 

 
スグル
英語の「読む」「聞く」「書く」「話す」を満遍なく測ってくれます。

 

IELTSテストの採点と評価の仕方

IELTSテストは1点〜9点満点でつけられます。

すべて0.5点刻みです。

各科目の平均点を四捨五入したものが最終スコアになります。

 

こんな感じです。

科目 点数
ライティング 4.5
リーディング 6.0
リスニング 5.5
スピーキング 5.0

だった場合、

(4.5+6.0+5.5+5.0)/4=5.25。

四捨五入して、5.5。

最終スコアはオーバーオール5.5になります。

 

 
レオン
海外の大学は入学基準を6.5点〜7.0にしている所が多いにゃ。

 

 
スグル
英語圏で市民権を得るには7.0以上が求められます。

 

IELTSテストの詳しい内容を紹介

IELTSは結構むずかしい英語の試験です。

 

ライティングテストの内容

IELTSライティングでは、エッセイを2つ書かされます。

 

1つ目のエッセイでは、以下の写真のように、

グラフや表の情報を150文字以上で要約することが求められます。

Pie chart問題

 

 

2つ目のエッセイでは、環境、福祉、お金、科学など、

与えられたトピックに関して、250文字以上でエッセイを書きます。

(How are you=3文字)

【関連記事】

>>IELTSライティング全問題タイプの解説と効果的な勉強法【超攻略】

 

リーディングテストの内容

IELTSリーディングでは、1,400字程度の長文が3つでます。

各長文に対して13〜14コ、計40問あります。

 

問題の内容としては、

穴埋め問題、選択問題、マッチング問題などがあります。

 

こちらは正解数に対するスコア表です。

バンドスコア 正解数/40問中
7.5 33-34
7.0 30-32
6.5 27-29
6.0 23-26
5.5 19-22
5.0 15-18

【関連記事】

>>【IELTSリーディング攻略】全問題の解き方と高得点を取る勉強法

 

リスニングテストの内容

IELTSリスニングでは、4つの大問がでます。

各大問10問ずつです。

大問1→4になるほど、問題はむずかしくなります。

 

問題の内容としては、会話を聞きながら、

穴埋め問題、選択問題、内容一致問題などがあります。

 

こちらは正解数に対するスコア表です。

バンドスコア 正解数/40問中
7.5 32-34
7.0 30-31
6.5 26-29
6.0 23-25
5.5 18-22
5.0 16-17

【関連記事】

>>IELTSリスニングで7.5を取るまでにした勉強法と攻略法まとめ

 

スピーキングテストの内容

IELTSスピーキングには、3つのパートがあります。

テスト時間は、だいたい13〜15分ほどです。

 

パート1では、日常的な質問を9〜10コほどされます。

パート2では、2分間のスピーチを行います。

パート3では、パート2に関連した深い質問がされます。

【関連記事】

>>【IELTS攻略】スピーキングを4.0→6.0に伸ばすためにしたこと

 

 

 

IELTSテストで5.5を取るための戦略と勉強法

cause-solution型の問題

 

 
スグル
初受験でスコア5.5を取るための考え方と勉強法を話していきます。

 

大丈夫、IELTSで5.5取ることは難しくない

まずは安心してください。

IELTSで、5.5を取ることは思ったより簡単です。

 

IELTSがむずかしいのは、6.5以上を目指すときです。

5.5の攻略法が分かれば、すぐにでも取ることができます。

 

IELTSでオーバーオール5.5を取るための戦略

IELTSの最終スコア(オーバーオール)は、四捨五入で決まります。

1つの科目が低くても他でカバーできます。

 

これが重要ポイントです。

 

IELTSでオーバーオール5.5を目指すには、

リーディングとリスニングで高得点を狙いましょう。

私たち日本人にとっては得点しやすい科目ですよね。

 

なんせ、40問中、たった23問に正解すれば、

スコア6.0を取ることができちゃいます。

17問も間違えちゃっていいんです。

(リスニングも同じです。)

 

リーディングに関しては、捨て問題を作りましょう。

簡単な問題に集中すれば、23問の正解は確実に目指せます。

 

これが、IELTSで5.5を取るための戦略です。

 

ライティングとスピーキングでは、スコア5.0を目指しましょう。

英語が初心者でも、対策をすれば5.0はすぐに届きます。

 

まずは初心者の大台、スコア5.5突破を目指しましょう。

 

 
スグル
どの科目で何点を目指すか?
この考えを持つことだ大事です。

 

IELTSライティングの勉強法

まずは必ず過去問を購入しましょう。

これは必須です。

まずは過去問を1回解いてみてください。

そして難しさを実感してみてください。

そこから本当の勉強のスタートです。

 

IELTSライティングの勉強法には4つのステップがあります。

  1. 正しいエッセイの書き方を学ぶ(型)
  2. うまい人のエッセイを真似してみる
  3. 実際にエッセイを書いて練習する
  4. 可能であれば、添削を受けてみる

 

❶ 正しいエッセイの書き方を学ぼう

正しいエッセイの書き方を学びましょう。

 

ふつう、エッセイは次のように構成されます。

  1. イントロダクション
  2. ボディパラグラフ
  3. コンクルージョン

そして、①、②、③と、

それぞれのパートで書くべきことも決まっています。

 

同じく、IELTSライティングのエッセイにも書き方があります。

その書き方を学ぶだけで、高スコアが狙えます。

 

もし、今すぐ、

IELTSエッセイの書き方を完全マスターしたい方は、

>>IELTSライティング Perfect Essayを確認してみてください。

 

IELTSエッセイの書き方を細かく理解できます。

 

❷ うまい人のエッセイを真似してみよう

真似はいちばん効果的な勉強法です。

 

まずはどんなエッセイを書けば高得点が取れるのか?

その答え(ゴール)を知ることが大切です。

 

何事も、ゴールを知らずしては目標に届きません。

 

>>IELTSライティング Perfect Essayでは、

スコア7.0レベルのエッセイ例を多く収録しています。

 

それらの模範エッセイを読むだけでも、かなり勉強になります。

ぜひ>>こちらのリンクから詳細をチェックしてみてください。

 

 

❸ 実際にエッセイを書いて練習をしよう

実際に自分の力でエッセイを書いていきましょう。

 

エッセイを書かずには、実力は伸びません。

エッセイを書いていく中で、成長していきます。

 

テスト本番までに、20回くらい練習できれば最高です。

ぶっつけ本番だけは必ず避けたいところです。

 

どこで練習問題を見つければ良いか分からない方は、

>>IELTSライティング Perfect Essayを見てみてください。

実践的なエッセイ問題が24も収録されています。

もちろん、全ての問題に模範エッセイ例が付いています。

 

 

❹ 可能であれば添削を受けてみよう

添削を受けられる人は、受けてみましょう。

 

学校の先生や身近に頼れる人など。

 

エッセイというのは、添削を受けた分だけ上手くなります。

ただ必須ではありません。

 

一応、ぼくもエッセイ添削サービスを提供しています。

>>IELTSエッセイ徹底添削サービスはこちら

ぜひ本記事をブックマークで保存し、

必要な時に、頼ってみてくださいね。

 

IELTSリーディングの勉強法

IELTSリーディングの勉強法も4つのステップがあります。

  1. 難しい長文を読めるようになる
  2. IELTSの長文をゆっくり読んでみる
  3. 問題の内容と解き方を理解する
  4. 後はとことん練を積み重ねる

 

❶ 難しい長文を読めるようになろう

むずかしい英文を読むための勉強をします。

 

英文解釈という勉強をしましょう。

英文解釈をやれば、どんなに難しい英文でも読めます。

IELTSの長文は本当にむずかしいです。

 

英文解釈の勉強に一番おすすめなのがこちらです。

英文解釈の技術100という参考書です。

 

こちらの参考書はシーズものです。

今紹介したのが一番上のレベルです。

英語力に不安がある人は、入門編がおすすめです。

最終的には、参考書は必須です。

 

❷ IELTSの長文をゆっくり読んでみよう

はじめのうちは問題は解かなくて大丈夫です。

 

IELTSの長文を読むことに慣れましょう。

時間をかけても良いです。

 

ゆっくりでも読めば理解できるレベルまでいきましょう。

問題を解き始めるのはそれからです。

まずは長文をゆっくり読む。

何度も、何度も繰り返し読みましょう。

 

❸ IELTSリーディングの問題の解き方を学ぼう

IELTSリーディングで出る問題は決まっています。

 

これらの問題の解き方を学びましょう。

苦手な問題、簡単な問題を理解していきます。

 

各問題の解き方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【おすすめ関連記事】

≫≫【IELTSリーディング攻略】全ての問題の解き方と高得点をとるコツ

 

❹ 練習を毎日積み重ねよう

あとは練習あるのみです。

 

たくさん練習をしていきましょう。

まずは時間制限なしで取り組んでみてください。

 

それができたら時間制限を設けます。

 

少しづつレベルを上げてきましょう。

継続することが、一番の攻略法です。

 

IELTSリスニングの勉強法

オシャレな洋楽

リスニングの勉強法は一番シンプルです。

 

毎日リスニングの問題を解きましょう。

Youtubeにたくさん練習問題があります。

「IELTS listening practice」と検索してみてください。

毎日練習をするうちに、コツが分かってきます。
2ヶ月も続ければ、7.0以上は目指せます。
 

【おすすめ関連記事】

>>IELTSリスニングで7.5を取るまでにした勉強法と攻略法まとめ

 

IELTSスピーキングの勉強法

IELTSスピーキングの勉強法には、3つのステップがあります。

  1. 意見力を磨く
  2. オンライン英会話をやる
  3. 公式問題で実践練習をする

 

❶ 意見力を磨こう!

自分の意見力を磨いていきましょう。

 

スピーキングで怖いのは、自分の意見がないということです。

 

意見がなければ、何も話せません。

逆に意見があれば、英語がダメでも何とかなります。

 

だからこそ、日々身近な意見に疑問を持ちましょう。

そしてたくさん反論していきます。

 

ニュースに対して独り言で意見を言うのもありです。

 

また、自己紹介だけは必ずできるようにしましょう。

名前、出身地、家族構成、職業、好きなこと、特技、趣味。

これらのことはパッと英語で説明できるようにしましょう。

 

❷ オンライン英会話に挑戦してみよう

IELTSを突破したいなら、オンライン英会話は必須です。

 

オンライン英会話とは、外国人と会話できるサービスです。

月額6,000円ほどです。

毎日25分レッスンができます。

 

ぼくは≫≫レアジョブ英会話 を使っていました。

 

レアジョブ英会話では≫≫無料体験レッスンができます。

早ければ、早いほどいいです。

 

❸ 公式問題で実践練習をしよう!

あとはいつもの実践練習です。

 

オンライン英会話で講師に頼ってみましょう。

試験官の代わりになってもらうんです。

 

だいたいの方はやさしく引き受けてくれます。

 

遠慮なく、5.5より高いスコアを目指していきましょう。

 

 

 

絶対的なIELTSの攻略法について少しだけ

 

 
レオン
IELTSには攻略法は存在するにょか。

 

 
スグル
ひとつだけ、揺るがない攻略法があります。

 

IELTSは"言い換え表現"で攻略

IELTSは言い換え表現で攻略しましょう。

 

ぼくはIELTSテストとは、

言い換え表現力の高さをみるテストだと思っています。

 

あなたがどれだけ”言い換え表現”を理解しているか?

というのを測っているということです。

 

もう少し詳しく話していきますね。

 

リーディングでは"言い換え表現"を探す

たとえば、IELTSリーディングの場合です。

 

リーディングには穴埋め問題があります。

上のような感じで、文章の空所を埋める必要があります。

 

そしてこの与えられた文章こそが、

本文中にある文章の"言い換え表現"になっています。

 

つまり、言い換え表現を本文中で見つけられれば、答えは分かるということです。

 

他の問題も同様です。

形は違えど"言い換え表現"が分かれば正解できます。

 

要約の問題なんかも、つまりは言い換えですよね。

 

リスニングも"言い換え表現"を聴き取れ

IELTSリスニングも、“言い換え表現”です。

 

リスニングでは、3つの選択肢から正しいものを選ぶ問題がでます。

そして、正解の選択肢は、会話文中で言い換えられています。

 

つまり、話者が言ったことの"言い換え表現"が正解になる場合がほとんどです。

逆に、そのまま聞こえてきたものはほぼトラップです。

 

ライティングも"言い換え表現"で勝負

IELTSライティングでは、必ずパラフレーズをします。

つまり、問題文の"言い換え表現"を作るのです。

 

また、自分の主張を通すためにも、言い換えは重要です。

同じ英単語ばかりでは、評価は上がりません。

“I think “ばかり使っていてはダメだということです。

 

英単語の言い換えを駆使して、豊富な語彙力をみせつけましょう。

 

スピーキングも"言い換え"話せ

IELTSスピーキングも"言い換え"です。

こちらはライティングと同じ理論ですね。

 

同じ文法で話していてはダメだということです。

さなざまな文法構造の文章で英語を話しましょう。

 

IELTSは、受験者の言い換え力を測っています。

 

 
スグル
言い換えができいるイコール、英語を深く理解しているということですね。

 

 

 

一晩でIELTSライティングを完全攻略する方法

ぼくのこれまでの全てを、2冊の電子書籍に詰め込みました。
 
 
 
 
完全網羅型、IELTSライティング、総集編です。
 
本電子書籍では

✔️ Task 1&Task2 全タイプの問題とは?

✔️ 高得点狙えるエッセイの書き方とは?

✔️ 意見やアイディアの組み立て方とは?

✔️ 7.0レベルエッセイの模範回答例24選

 

などなど、IELTSライティング攻略に必要な

全ての情報を網羅的にまとめています。

 

また本書では、

うまい言い換え表現の作り方解説しています。

 

期間限定部数限定ですので、

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

詳しくは、>>こちらのリンクからどうぞ。