IELTS Writing(Task2)エッセイの主題とアウトライン作りについて解説

 

 

No主題、Noエッセイ。

Noアウトライン、No主題。

 

良い主題と良いアウトラインを作ることで、良いエッセイを書くことができます。

筋トレYoutuberであるぼく(@sugueigo_com)が、世界一分かりやすく解説していきいます。(ツッコミ所満載。)

 

 

 

エッセイの主題(Thesis Statement)とは?

主題とは、エッセイの地図のこと

主題とは、エッセイにおける自分の立場と、メインの主張を要約した文章のことです。

 

エッセイを書くときは、必ず主題を書きます。どんな論文にもどんなエッセイにも、必ず主題は存在しています。

主題のないエッセイは、いちごのないショートケーキのようなものです。

 

IELTSライティングTask1の場合、オーバビューパラグラフが主題の役割を果たしますし、Task2の場合、イントロダクションに主題を書きます。(ふつう多くのエッセイではイントロダクションに書きます。)

主題の大きな2つの役割

  1. 読者にエッセイの全体像を伝える
  2. 自分がエッセイを書くための設計図になる

 

主題を書くことで、このエッセイは何について論じているのか?ということを読者に伝えることができます。

つまり主題があるおかげで、読者はボディパラグラフの内容をある程度予測でき、読んでいる途中で道に迷わずに結論まで向かうことができます。

 

2つ目に、主題は自分がエッセイを書く手助けにもなります。

主題に沿ってエッセイを書くことで、論理的な構成のエッセイに仕上げることができます。

 

具体的な主題の書き方!

例えば、以下の質問をされたとします。

例題】あなたは死刑制度に賛成しますか?または反対しますか?

このトピックに関して、主題を日本語で書いてみます。

【答え】

私は死刑制度に賛成です。なぜなら死刑制度があることで重犯罪の抑止力になり、遺族を守ることができるからです。

このように主題を書くことができました。

 

つまり主題を書くときは、以下の2つの文章が書ければOKです。

  1. 賛成か反対か?自分の明確な立場を述べた文章
  2. そう思う理由を2つ述べた文章

 

そしてこの主題の内容こそ、エッセイの本文で議論していく内容になります。

【関連記事】

>>IELTSライティングTask2 論理的なエッセイを書くためには?

 

 

 

IELTS「Task2」エッセイのアウトライン作り

エッセイのアウトラインとは

エッセイのアウトラインとは、エッセイの構成決めことです。

つまりボディパラグラフで書く、大まかな内容を決める作業のことです。

 

アウトライン作りでは、主に以下の3つのことを決めます。

  1. エッセイを書く上での自分の立場(トピックに賛成か反対か)
  2. メインの主張2つ(賛成または反対する理由2つ)
  3. サポートセンテンス4つ(2つのメイン主張を支える文章各2つずつ)

 

つまり、図で表すとこのようになります。

これらのことを事前に決めることで、詰まることなくスムーズにエッセイを書くことができます。

良いアウトラインを作ることで良い主題が書け、良い主題が書けることで良いエッセイが書けるということです。

 

ライティングTask2アウトラインの具体例!

【例題】あなたは死刑制度に賛成しますか?または反対しますか?

こちらの問題について、アウトラインを作ってみます。

 

自分の立場(ポジション)
→賛成

ボディパラグラフ1
メインの主張1→死刑制度は重犯罪の抑止力になる

  1. SS1「重犯罪を犯せば死刑になることを理解していれば、当事者は思いとどまる。」
  2. SS2「逆に重犯罪に対する罰則が低いと、犯罪を軽く考えてしまう人が増える。」

ボディパラグラフ2
メインの主張2→遺族を守ることができる

  1. SS1「自分は大切な人を奪われたのに、犯人がのこのこと生きていてはやるせない。」
  2. SS2「遺族の代わりに司法が正義を執行することで、遺族を復讐から救える。」

 

このようなアウトラインができました。(SS=サポートセンテンス)

あとは英訳ができればOKですね。

 

 

 

【完全無料】IELTSライティング攻略講座!開催中

IELTSライティング攻略法を一つの講座にまとめました!

≫≫7日間のIELTS Writing Step-up 講座です。

 

本講座ではエッセイの詳しい書き方だけではなく、

6.5+レベルの模範エッセイも紹介しています。(ネイティブ添削済み)

 

参加者にはIELTS対策に役立つ無料プレゼント(下のebook)も用意していますので、ぜひチェックしてみてください。

講座の詳細は≫≫こちらのリンクから確認できます。