IELTS Writing Task2攻略!「6つの問題タイプ」へのアプローチの仕方

 

 

IELTS Writingは難しい。

異論は認めません!

 

そこで今回は天才分析家であるぼく(@sugueigo_com)が、Writing Task2の全問題タイプを解説しつつ、それぞれに対するエッセイの書き方を紹介します。

 

 

 

IELTS「Task2」6つの問題タイプの特徴!

IELTS Writing Task2「6つの問題タイプ」

  1. Agree/Disagree問題
  2. Advantage/Disadvantage問題
  3. Problem/Solution問題
  4. Discussion/Opinion問題
  5. Opinion問題
  6. Two Question問題

中には「全部で5つだ!」とか「7つだ!」と話す方もいますが、大きくこの6つのタイプを知っていれば大丈夫です。

 

Agree/Disagree問題とは

Agree/Disagree問題とは、ある意見に対して賛成か反対かを聞いてくる問題です。

問題例】小学生にスマホは持たせるべきではない。賛成ですか?反対ですか?

このような感じです。

賛成ならそう思う理由を、反対ならそう思う理由をエッセイに書けば良いです。

 

Advantage/Disadvantage問題とは

Advantage/Disadvantage問題とは、ある物事の利点と欠点を聞いてくる問題です。

問題例】オンラインショッピングの利点と欠点はなんですか?

このような感じです。

この問題に対しては、私的意見は一切含めず、ただ公平な視点で利点と欠点を述べることが重要です。

 

Problem/Solution問題とは

Problem/Solution問題とは、ある物事の問題点と解決策を聞いてくる問題です。

問題例】移民を受け入れることの問題点とそれを解決する方法は?

このような感じです。

このタイプの問題も、私的意見は一切含めず、ただ公平な視点で問題点と解決策を述べることが重要です。

 

Discussion/Opinion問題とは

Discussion/Opinion問題とは、ある意見に対して両側の意見を対立させつつ、個人的な意見も聞いてくる問題です。

問題例】原子力発電は廃止されるべきである。賛成側・反対側両方の意見を議論させ、個人的な意見を述べよ。

このような感じです。

この問題に対しては、賛成側・反対側の双方の考えうる主張内容を述べつつ、自分の意見を書く必要があります。

 

Opinion問題とは

Opinion問題とは、個人的な意見のみを聞いてくる問題です。

問題例】あなたは浪人することが時間の無駄だと思いますか?それとも意味のあることだと思いますか?

このような感じです。

Opinion問題が出たら、どっちサイドを取るか決めた上で、そう考える理由(メインの主張)を2つほど述べられればOKです。

 

Two Question問題とは

Two Question問題とは、質問内容が2つある問題です。

問題例】あなたは死刑制度に賛成しますか?また、どうすれば重犯罪は減らせますか?

このような感じです。

この問題に対しては、ボディパラグラフ1で一つ目の質問内容に対して、ボディパラグラフ2で二つ目の質問内容に答える形でエッセイを書きます。

 

以上、全6タイプの問題でした。

【関連記事】

>>【6ステップ】でエッセイを書くのが得意になる!IELTSライティング勉強法!

>>IELTSライティングTask2 論理的なエッセイを書くためには?

 

 

 

6つの問題タイプ別エッセイの書き方!

6タイプの問題別、どのようにエッセイを構成するか紹介します。

① Agree/Disagree問題

問題例】小学生にスマホは持たせるべきではない。賛成ですか?反対ですか?

Agree/Disagree問題に答えるときは、まずは賛成か反対か自分の立場をはっきりさせます。

 

今回は賛成の立場を取ったとします。

そしたら次に賛成する理由を2つほど考えます。

  1. 危険に巻き込まれるリスクが高いから
  2. 勉強に集中できなくなる可能性がある

 

後は、ボディパラグラフ1で一つ目の理由について、ボディパラグラフ2で二つ目の理由について説明していけばOKです。

 

② Advantage/Disadvantage問題

問題例】オンラインショッピングの利点と欠点はなんですか?

Advantage/Disadvantage問題に答えるときは、利点と欠点をそれぞれ2つずつ考えます。

 

【利点】

  1. 重い荷物を持てない年寄りに便利
  2. 海外にしかない欲しいものを購入できる

【欠点】

  1. 想像してたものと違う可能性がある
  2. 違法サイトや詐欺に引っかかる可能性がある

 

後は、ボディパラグラフ1で各利点について、ボディパラグラフ2で各欠点について説明できればOKです。

 

③ Problem/Solution問題

問題例】移民を受け入れることの問題点とそれを解決する方法は?

Problem/Solution問題に答えるときは、問題点と解決策をそれぞれ1~2つほど考えます。

 

【問題点】

  1. 雇用されなかった移民が盗みを犯すなど治安が悪化する懸念がある
  2. 文化が違うことで馴染めないことで対立が起こる可能性

【解決策】

  1. 全員の雇用を確保するために職業訓練プログラムを提供する
  2. 現地文化を説明する教育ビデオなどを作成する

 

後は、ボディパラグラフ1で各問題点について、ボディパラグラフ2で各解決策について説明できればOKです。

 

④ Discussion/Opinion問題

問題例】原子力発電は廃止されるべきである。賛成側・反対側両方の意見を議論させ、個人的な意見を述べよ。

Discussion/Opinion問題に答えるときは、まずは自分はどっちサイドに着くかを決めます。

 

今回の場合、反対側を選ぶとします。

そしたら次は、自分サイドと逆サイド(今回の場合は賛成側)の考えうる主張を1~2つ考えます。

【賛成側の主張】逆サイド

  1. 事故などで放射線物質が流出した場合の危険性が高い

【反対側の主張】自分サイド

  1. 効率が良く発電法が環境にエコである
  2. 近年の原子力発電所は安全管理が徹底されている

 

後は、ボディパラグラフ1で逆サイドの主張内容をまとめ、ボディパラグラフ2で自分サイドの主張内容をまとめつつ、個人的な意見が述べられればOKです。

 

⑤ Opinion問題

問題例】あなたは浪人することが時間の無駄だと思いますか?それとも意味のあることだと思いますか?

Opinion問題に答えるときは、まずは自分の立場を決めます。

 

今回の場合、「浪人は意味のあることである。」という立場にします。

そしたら次は、そう思う理由を2つ考えます。

  1. 浪人をすることで自分の中に後悔を残さない
  2. 一旦立ち止って勉強できる力は将来必ず役に立つ

 

後は、ボディパラグラフ1で一つ目の理由について、ボディパラグラフ2で二つ目の理由について説明できればOKです。

 

⑥ Two Questions問題

問題例】あなたは死刑制度に賛成しますか?また、どうすれば重犯罪は減らせますか?

Two Question問題に答えるときは、一つ目の質問についてボディパラグラフ1で、二つ目の質問についてボディパラグラフ2でそれぞれ意見をまとめます。

 

まず一つ目の質問に対して自分の立場を決めた上で、そう思う理由を1~2つほど考えます。

今回は賛成を選ぶとします。

  1. 死刑が適用されるのは重犯罪者に限るため、妥当な刑罰だと考えるから
  2. もし死刑制度がなければ、大切な人を奪われた遺族が報われないから

後は、これら2つの意見をボディパラグラフ1で説明していきます。

 

次に、重犯罪を減らす方法を1~2つほど考えます。

  1. 経済政策や国の支援サービスを推進することで治安を向上させる

後は、この解決策についてボディパラグラフ2で説明できればOKです。

 

 

以上、全問題タイプ別エッセイの書き方でした。

 

 

 

【完全無料】IELTSライティング攻略講座!開催中

IELTSライティング攻略法を一つの講座にまとめました!

≫≫7日間のIELTS Writing Step-up 講座です。

 

本講座ではエッセイの詳しい書き方だけではなく、

6.5+レベルの模範エッセイも紹介しています。(ネイティブ添削済み)

 

参加者にはIELTS対策に役立つ無料プレゼント(下のebook)も用意していますので、ぜひチェックしてみてください。

講座の詳細は≫≫こちらのリンクから確認できます。